Days on the Rove: Lifelog2014

Lifelog2014

2014/12/30

2014ベスト(展示&書籍)

というわけで2014ベストを。
音楽や映画、演劇・芸能は今年は(も)パス。

ますは書籍。読んだり、購入した本は多かったけれど、今年の新刊となると結構少ない。

東京大学の学術遺産 君拾帖 (メディアファクトリー新書)
モリナガ・ヨウ
KADOKAWA/メディアファクトリー ( 2014-06-27 )
ISBN: 9784040667959

幕末の本草学者で、幕府の職員としてパリ万博に出張したり、そのまま明治新政府に仕えて殖産興業に尽力した人物の硬軟聖俗取り混ぜたスクラップ帳。
何度見ても見飽きないし、コレクション(もしくはアーカイブ)し続けることの意義を再認識させられた一冊。

星を賣る店
クラフト・エヴィング商會
平凡社 ( 2014-01-27 )
ISBN: 9784582836417

ご存じクラフト・エヴィング商會の同名展示の図録でもある一冊。
企画展と共にこの本も素敵な一冊。自分にとっては家宝級です。

我が敬愛の歌人・水原紫苑さんの書籍。
文学における桜の意味の変容を追いかけた物。
(このジャンルでは櫻史という有名な本があるけれど、二番煎じでは全くない)
現在のJ-POPや、国家に管理された桜に対する意識論まで踏み込んだ本でした。

番外編

特集:フィールワーカーになる
自分の立ち位置を測るキーブックになりそうな特殊でした。

続けて企画展を。

○星を賣る店 クラフト・エヴィング商會のおかしな展覧会@世田谷文学館

(→ブログ
やはりこれが一番かなぁ。目に対する至福、その世界を追体験できる街並みの再現など、幸せな展示。ああ、その街並みの中で暮らしてみたい…

ディスカバー・ディスカバー・ジャパン展@東京ステーションギャラリー

(→ブログ
'70年代、国鉄が官民一体で盛り上げたキャンペーンの回顧展。
その功罪も含めて取り上げてあるのが素晴らしかった。
(ディスカバージャパン以降のキャンペーンについてもっと知りたかったかな。今後に期待。)

大おにぎり展@横浜市歴史博物館

(→ブログ
おにぎりひとつで、これほどの展示ができるとは!
横浜市歴史博物館はこのスタンスで、これからも突き抜けた展示を目指して欲しいw

○番外 魅惑のニッポン木版画@横浜美術館

(→ブログ
木版画好きであっても、膨大な情報量を処理できず思考停止した展示でした。
いい展示だったし、好きな版画家も作品も見られて幸福だったけれど、自分の勉強不足も痛感させられた展示でした。

blog化しなかった物をいくつか列記。

05.31桂米團治独演会(鎌倉芸術館)
10.26しでんちゃんフィールドワーク(神奈川〜高島町)
10.26三井物産横浜支店生糸倉庫のフィールドワーク
09.14スーマーさんのライブ(旧バラ 荘)
09.23ツブヤ大学 ツブヤ大学的「東京」考現学(3331 Arts Chiyoda)

行けなかった展示は
鏑木清方(千葉市美術館)、吉田初三郎(名古屋市博物館)、葛飾探偵団(葛飾区郷土と天文の〜)、川上澄生(武蔵野市吉祥寺美術館)、ブルーノ・タウトの工芸(LIXILギャラリー)、渋沢敬三屋根裏博物館(埼玉ほか)など。

スポーツ観戦、映画鑑賞は0、新作のCD/iTunesの購入もなし。
古典芸能も0ですか…

いくつかお誘いを受けたイベントも仕事/体調不良で当日ドタキャンしたものも多かったなぁ。

来年は、もっと面白そうなヒト・コト・モノ・バショに出歩くような年にしたいですね。

| 猫綱 | | Lifelog2014 | Comment (0)

2014/12/27

12.27ボー燃会@三浦市油壺胴網海岸

Untitled

前から行きたかった胴網海岸。ようやく行くことができました。
ボー燃会という名の忘年会にして焚き火会。

仕事納めの翌日で、思った以上に心身共に疲れ果てていたらしく、体が鉛のように重い。
そんな状態でも海と焚き火を見つめていると、なにか浄化されるような気分に。
楽しい一日で、心の疲れはだいぶ取れたように思います。

企画なさったSさんファミリー、車を出してくれたSさん(別人)、一緒に楽しんだみなさまに感謝。

胴網海岸は素敵な場所。またひとつ、お気に入りの場所ができました。

Untitled

このホットワインが心の緩解を与えてくれたような気がします…

Untitled

| 猫綱 | | Lifelog2014 | Comment (0)

2014/11/24

鎌倉検定試験終了

昨日は鎌倉検定一級を受験(結果は…失笑クラス。トホホ)。
記述問題が中心で、うろ覚えの知識では太刀打ちできませんでした。

細かいディテイルと関連知識のリンクと拡充が大切と感じました。
…が、どうやって勉強すればいいのかな。一年掛けてゆっくりじっくり地力をつけていかないと…

直会は、ラ・パットーラで一服したあと鎌倉へ移動。舵屋→ランデブー・デザミ→パンダバルとハシゴ。
烏賊の活き作りの旨さを堪能し、おいしい日本酒とワインにほどよく酔っ払いました。

建築・文化財の残し方、里山の廃道の再整備、本と図書館にまつわる話など、まじめ(当社比)な話をした記憶。
おいしい酒食と楽しい話で、試験結果のへこたれ具合も解消するほどのいい一日でした。感謝。

笑っちゃうほどの生きの良さ!

Continue reading "鎌倉検定試験終了"

| 猫綱 | | Lifelog2014 | Comment (0)

2014/11/10

黄色い本

>読書会方面各位 買いました。用意(だけ)は万端です。

>読書会方面各位 買いました。用意(だけ)は万端です。

新刊のアレも気になるところ…試験終了までは我慢、ガマン。

| 猫綱 | | Lifelog2014 | Comment (0)

2014/10/27

本町交番前の赤レンガ?

まずは写真を御覧ください

Untitled

昨日の建築街歩きツアーの途中で見かけたもの。

この赤レンガはなんですかね?前に足場があるので、解体して現れたものだと思うのですが。

場所はここ。

大きな地図で見る

全く思い出せませんが…なにか古い建物ありましたかね?

| 猫綱 | | Lifelog2014 | Comment (0)

RIP 赤瀬川原平さん

11.26、赤瀬川原平さんの訃報をFBにて知る。

ああ、ついにこの日がきたか…いう感じ。
ちょうど、町田と千葉で回顧展を開催しているさなかに…、回顧展が追悼展になるとは。

高校時代、友人にトマソンを教えてもらい、街歩きの楽しさを知った。

以降、桜画報、尾辻克彦、路上観察学会(その面々の多士済々ぶりも)、クラシックカメラ…などなど。赤瀬川さんに教えて頂いたことはたくさんあったと思います。

なによりも事象を取り上げ、概念化して、その概念をもてあそぶ、そのスタイルは自分にとって本当に憧れでした。

ひとりの街歩きの徒として、赤瀬川さんの視点、思考の衣鉢を他所なりとも継いでいきたいと思います。

さようなら、赤瀬川さん。安らかにお眠りください。

| 猫綱 | | Lifelog2014 | Comment (0)

2014/10/17

辻まこと「多摩川探検隊」

明日、参加を楽しみにしていたとあるイベント、仕事の都合で参加を断念。非常に悔しい。
(低山ハイク、山頂で山の本を紹介しあう。コーヒーのポットサービスに美味しいお弁当…)
その席で紹介するつもりだった本を、イベントに参加したつもりで紹介してみる。

(レジュメというかメモ書きから起こしたので、乱筆乱文・文体齟齬はご容赦を)

辻まこと「多摩川探検隊」小学館ライブラリー

画家、詩人、エッセイスト、登山家にして伝説の雑誌アルプの常連・辻まことの本。
紀行・随筆集、そのなかの表題にもなった「多摩川探検隊」がとても素晴らしい作品。

学校で配られた地図帳によって、地理学・地図の信徒となった筆者。
蘊蓄を同級生たちに話しても、結局上っ面の知識でしかないことが露呈する。

友人の一言「多摩川の源はどうなっている?」に答えられなかった筆者は、自らと地理学(地図)の権威を守るため、多摩川の源流がどうなっているのかを実証をしなくてはならない羽目になった。

こうして多摩川探検隊は辻まことを筆頭に5人で結成された。
…が、探検当日、集合場所に現れたのは辻まことともう一人だけ。

二人で源流を目指し、艱難辛苦・支離滅裂・腹凹足棒の冒険が始まるが…、
結果(当然とは言え)源流は見つけられず、3日かかった道を電車で2時間で帰宅することに。

こっぴどく親に怒られ、第二次探検隊は結成されずに終わるが、辻まことはその先に広がる山々に魅せられて…

といった掌篇。これがとても好きなのです。

子供の頃の冒険心と地図の面白さ。そして山々への憧憬などが、辻まことの美しい文章で描かれると、それだけでいい気分にさせてくれます。

ああ、イベントではみなさんどんな本を紹介するのだろう…嗚呼…

| 猫綱 | | Lifelog2014 | Comment (0)

2014/09/22

一箱古本市「出店」奮闘記

お誘いを頂き、六角橋商店街のドッキリヤミ市場夜のフリーマーケットで行われた一箱古本市に参加しました。出店者として。…ええ、出店者としてです。

出店するとしても出品する本をどう用意するか、が問題でした。その時点から本を仕入れるの無理なので、蔵書の中で処分してもかまわない本をセレクトすることにしました。

惨々悩んで、130冊ほど選びましたが、運搬上の問題(重すぎ…)もありトートバッグ2つ分の65冊をセレクトしました。

image

値段づけにも悩みましたが、すべて読み終わった本なので、購入した金額の対価は充分に頂いたものと考え、すべて100円で販売することに決定。(値段づけの手間も省けますからね)

当日、65冊に減らしても運搬には一苦労しました。3日後でも筋肉痛に悩まされています。カートは必要かな。

事前に場所を確認して、当たりをつけていた場所(24番)を確保し、商品を並べ始めている最中から物色される。

お店はこんな感じ↓

一箱古本市出店中

一冊目が売れて一安心。そのあともお客様がひっきりなしで、嬉しい悲鳴。
そのあとも、まとめ買いする方もいらっしゃって、最終的には…

最終結果。感謝です。

こんな感じに。いやもう、ただただ感謝です。
接客で声を出しすぎて、最後は喉がガラガラでしたw

65冊中、売れ残ったのが、21冊。65-21=44。44/65=0.6769...7割弱を売ってしまいました!勝因は100円均一にしたこと。これに尽きます。

反省と思いついたことなど。

  • 自分の趣味性を前面にした本は売れました。逆に、色気を出した(売れるだろうと踏んだ本)は、まず売れませんでした。本のセレクトは難しいですね。
  • 本の蘊蓄語り必要。接客モード没入必要。これは(意外に思われるかもしれませんが)得意なので、苦にはなりませんでした。
  • 売れすぎて途中から売場が見劣り激しかったので、売場の新鮮さを保つための書籍の追加投入分を用意することも必要。
  • (一部の人にしかわからないネタだけど)、BC式本棚は(狭い場所なだけに)効果的かも。新しい本棚を用意したいですね>各位。
  • 店舗看板はちゃんとつくっておくべき、アイコン&アカウント入れて。
  • 書店名のゴム印(紙袋用)と、名刺サイズのショップカード(書店名とツイ垢の)も用意した方が良いかも。
  • カート必要。次回までには必ず用意しないと。
  • 店番要員というか、相方必要。他の店に行くことも、酒と肴を購入することも出来なかった。(これが一番の残念w)
  • 棒金を崩さなくて済んだのが意外。釣銭準備金の額は要検討。(お金の問題は発生しませんでした!それは(当たり前とは言え)良かったことのひとつです)
  • 値付け問題。100円均一は崩さないにしても、一部高額商品を並べるのは悪くないかな。

って、おい!次もやるのかw(機会と在庫があれば、やってみたいです。Hi)

非常に楽しい一日を過ごすことが出来ました。
出店をお誘いくださった猫企画さん。運営の皆様。無謀な出店を応援してくださった友人たち。そしてご来店頂きましたお客様に感謝を申し上げます。ありがとうございました。

素敵な本を集め、再び一箱古本市に参加したく思います。
その暁には、またのお越しを心よりお待ち申し上げております。

猫綱書店改め猫綱文庫主人敬白

| 猫綱 | | Lifelog2014 | Comment (0)

2014/08/18

"one" day 2014/08/10

とある日の猟書記録。

今日の #釣果 本当に意地っ張りだなと思いますw

戦前に民俗・歴史書や山岳書を出版した出版人岡茂雄は、柳田国男に「本屋風情が…」と罵しられたことがありました。
のちに岡は「本屋風情」という本を出版し、自らの意地を通したという逸話があります。

岡茂雄に比するわけではありませんが、自分は、せいぜい「好事家風情」といったところでしょうか。
それでも「好事家風情」としての矜持はあるつもりです。

「面白いと思ったことを、面白いと発言する」。「人の面白がっているものに、ひとまず寄り添ってみる」。をぶれずに続けていきたいと思います。

| 猫綱 | | Lifelog2014 | Comment (0)

2014/08/15

天蚕?

Untitled

天蚕(てんさん)の繭ですかね?横浜市泉区某所で採取。
穴が空いているので、成虫になったものと思われます。
しかし、横浜南部に天蚕なんているのかなぁ?自分は、そちら系は詳しくないのでなんとも…

Untitled

謎は残りますが、いい色です。

| 猫綱 | | Lifelog2014 | Comment (2)

< 最後 « これより前10件 | 全件

Copyright ©2006-2017 猫綱(Nekotuna) All rights reserved.