Lifelog2009

2009/12/28

谷戸坂切通付近の宅地開発

以前ブログで紹介した、鎌倉の「谷戸坂切通」の周辺で宅地開発の計画があるようです。


2年前の谷戸坂切通南側
(以下切通の写真は2年前のもの)

現在宅地造成のための公示が為されています。以下計画図

一部拡大


*切通は茶色の筋の途中から3時方向に延び、その後一時方向に向かう道です

簡単な地図を用意

より大きな地図で 鎌倉谷戸坂周辺地図 を表示

計画図を見ると切通し南側出入口の右側部分が削られ宅地造成される計画になっています。
また、連絡道路部分も拡幅されるので切通近くにある青蓮寺(鎖大師)への隧道入口も破壊されるものと思われます。(隧道自体は既に消滅)

数年前に落石のため通行禁止になっていた切通ですが、この風景が見られるのもあとわずかかもしれません


切通はかなりの深さがある。とても人力で掘ったとは思えないほど。


南側から撮影。封鎖されている所が切通。切通から右側が造成予定。青蓮寺への隧道はこの写真左側にある。(写真無し)

補足:谷戸坂切通は東海道戸塚宿から分岐する鎌倉道からさらに分岐している江ノ島道の一部だと考えられています。
宅地・工場開発により現存部分は少なく、ルートの特定は難しいですが、JR小袋谷踏切付近で鎌倉道から分岐し、山崎小学校付近→富士塚→谷戸坂→腰越→江ノ島と行くものと思われます。

2009/12/18

ブラタモリ横浜「補講」編

という訳で大興奮の内に終了したブラタモリ横浜編。
内容盛りだくさんでちょっと駆け足気味なのが残念でした。「本郷台地」や「品川」にはかなわない感じですかね。とりあえず興奮の冷めない内に復讐...じゃなくて復習しましょうか。(慌てて書いたので、思いつき次第内容は書き加えていきます!)

では補講の始まりです。起立、礼!

続きを読む "ブラタモリ横浜「補講」編" »

2009/12/12

ブラタモリ横浜編を100倍楽しむための書籍&サイト

最近放映が待ち遠しいTV番組であるブラタモリ。
次回12/17放送では「横浜」を取り上げるとのことなので、
横浜原理主義者(*1)としては黙っているわけには行きません!

*1:横浜は横浜でも旧鎌倉郡域の人間がこう名乗るのはおこがましいという意見もあるが無視する

ということで猫綱が普段利用&チェックしているサイトや書籍をご紹介。
これらをチェックしてブラタモリ横浜編に備えよ!100倍楽しめ!(*2)

*2:当社比

続きを読む "ブラタモリ横浜編を100倍楽しむための書籍&サイト" »

2009/10/06

小さな叢書、旺文社文庫特装版

img

1960-1987まで存在した小さな文庫。
文庫なのにケース付き、気品あるデザイン。まるで叢書のよう。
(ケース無しのものもあったはずですが、全く記憶に残っていません)

現在、手元にあるのはたったこれだけ。

img

内田百間の「阿房列車」、平山三郎の「実歴阿房列車先生」、安藤鶴夫の「巷談本牧亭」、岡本綺堂の「半七捕物帳」など、なかなか通好みのラインナップでもありました。
なかなか復刊されないので、旺文社文庫版を探しに古本屋巡りをしたのも懐かしい思い出です。

こういう中身も装丁もしっかりと作られた書籍があった時代が過去には存在したのです。

2009/09/23

書物の森を彷徨したとある記録

img

ここ数日間の読書と意識の流れを時系列で。
いや、なんだか面白かったもんだから(笑)

twitter上で北杜夫「木精」(新潮文庫・絶版)が話題に
→本棚の奥から北杜夫「木精」を引っ張り出す。
→表紙が串田孫一の絵であることに今さら気がつく
→以前に読んだ串田孫一の山行がどこの山なのか、思い出せなくて気になる

●本棚から「岳人’98/5号」(東京新聞出版局)を引っ張り出す。
→特集「本を片手に新緑の山へ」から串田の山行が鳥甲山であったことを知る
→鳥甲山ってどんな山なのかな?

●本棚から小林泰彦「日本百低山」(文春文庫)を引っ張り出す。
→掲載されていない...まあ、いいや。

→あきらめて「岳人’98/5号」をめくっていくと山の文芸誌「アルプ」についての記述が
→アルプについて載っていた雑誌が確かあったぞ!

●本棚からBRUTUS’08-11/1号(マガジンハウス)を引っ張り出す。
→特集「ワンダーフォーゲル主義」の中から「アルプ」に関する部分を読む
→「アルプ」って言えば「辻まこと」さんだよな

●本棚から辻まこと「山からの言葉」(平凡ライブラリー)を引っ張り出す。
→こんな文章を発見(一部抜粋)

近所を散歩していて、古い観音堂を見つけた。.....(中略).......このお堂の天井いっぱいにたいそう見事な墨絵の竜が棲んでいる。......若いころこのあたりに寄宿していた鏑木清方の描いたものだという。

→鏑木清方ってどこに寄宿していたんだろう?この観音堂、今でもあるのかな?

●本棚から特集「鏑木清方」である藝術新潮'99/4号を引っ張り出す。
→金沢八景に別荘があったとの記述はあるけど....?
→ああ、辻まことがどこで暮らしていたのか調べてみよう!

●もう一度、辻まこと「山からの言葉」を引っ張り出す。
→葬儀が百草団地集会所で行われたとの記述を発見。

●ネットで調べてみると百草観音堂なるものがあることを発見。
→うーん、鏑木清方に関する記載はないなあ....
→百草(もぐさ)って百草園だよなぁ....百草園について書かれた本ないかなぁ...

●本棚から田山花袋「東京近郊一日の行楽」(現代教養文庫・絶版)を引っ張り出す。

→百草に周辺の散歩はでているけれども、観音堂についての記述は無し(時代が古い本ですからね)
→これは現地に行ってみるしかないかもなぁ.......

→へえ、日野あたりにも鮎料理屋があったんだ.....
→多摩川近辺で料亭って結構あったのかな?...←イマココ

というわけで、まだ書物の森を彷徨っているわけですが(笑)
なかなか面白い森の中にいるような気もします(爆)
もうしばらくこの森を彷徨ってみようと思います。

ところで百草(日野)!以前にブログで取り上げた野猿峠ハイキングコースとの絡みも....
ネットの海と書物の森のシナジーも期待できそうです

img

2009/06/29

10年前の神田神保町....

Scan001
*画像重めです(1MB)

書類の整理をしていたらこんな物が出てきました。
平成10年発行の神田古書店地図帖です。
以前はよく通っていた神田神保町ですが、
この頃('98)を境にあまり通わなくなりました。
環境の変化、興味の変化があった頃なのでしょうね。

あらためてこの地図を見てみると今は無き店の名が見つけられます。
ブックパワーRB、北沢書店(まだ残っている?)、豊田書房、タトル商会などなど
地図には掲載されていませんが書肆アクセスも閉店になりましたね。

そういえば「とんかつ いもや」も閉店になったそうですね。

2009/06/05

東京の蔵元一覧

最近加入したブログランキングサイトBrogramblogram投票ボタンによれば、
このブログは日本酒ブログらしいのです(爆)

「Days on the Rove」には、nekotunaさんの「日本酒」に対する想いが、とにかく詰まってます。

...溜息
まあ、期待にこたえるべく、
神奈川の蔵元一覧に続き東京編を

  • 丸眞正宗/小山酒造/北区岩淵
  • 澤乃井/小澤酒造/青梅市沢井
  • 多満自慢/石川酒造/福生市熊川
  • 嘉泉/田村酒造/福生市福生
  • 喜正/野﨑酒造/あきる野市戸倉
  • 千代鶴/中村酒造/あきる野市牛沼
  • 大多摩/大多摩酒造(休蔵中)/青梅市?
  • 桑乃都/小澤酒造/八王子市八木
  • 日出山/中島酒造/八王子市下恩方
  • 金婚正宗/豊島屋酒造/東村山市久米川
  • 國府鶴/野口酒造/府中市宮西町
  • 鳳桜/土屋酒造(休蔵中)/狛江市?

参考資料:東京都酒造組合

丸眞正宗と澤乃井は知っていましたが、飲んだことは無し。
東京の酒、こんなにあるとは思いませんでした。(2カ所の休蔵が残念ですが)
良い水があると思われる多摩山間部だけでは無く、平野部にもありますね。
そのうち飲み比べしてみたいものです。

しかし、日本酒ブログに分類されたかぁ.....何となく無念.....

横浜建築家列伝

先日、横浜都市発展記念館にて企画展「横浜建築家列伝」を見てきました。

幕末から戦後モダニズム期にかけて活躍した建築家とその作品を紹介するもので、このあたりのものは大好物なんです(爆)

「横浜開港と居留地建築家たち」「モダンデザインの萌芽」「震災復興のデザイン」「建築家J.H.モーガンの世界」「成熟する建築様式」「戦災復興と戦後のモダニズム」と展示がなされていました。

覚書をいくつか。

  • 遠藤於菟のフィールド・スケッチノートが丸善野帳のようなものだった。
  • 三井物産ビルは増築されている!
  • 戦災復興小学校の規模・平面計画は標準化されているが、細部の意匠はそれぞれに任せた。
  • 震災住宅 豆口、七島、井土ヶ谷に設置
  • モーガンは’22に東京で独立事務所。’26から横浜に事務所を置く。
  • 大倉山記念館、入口の階段下に製本室を設置

8/30まで開催。また訪ねるかもしれません

横濱地図博覧会

Dscf2303

先日、大桟橋ホールにて「横濱地図博覧会2009 vol.1 伊能大図と今横浜」展を見てきました。

伊能忠敬が作った大地図の大きさに驚かされました。

秋には横濱地図博覧会2009のvol.2も開催されるようですね。

2009/05/25

覚書:世界のCMフェスティバル2009 in TOKYO

「世界のCMフェスティバル2009 in TOKYO」
今年のスケジュールが決定。

2009/10/23,24(金,土) 新宿ミラノ1
もちろんオールナイト

今年は(も?)行きたいものです.....

世界のCMフェスティバル

より以前の記事一覧