2020/12/01

Bye






Sorry. This Blog was closed. Bye.
Look at Twitter after this.
Or…








2019/12/31

2019 Best of the Bests

年末恒例。一年を振り返る記事。

まずは、読了本から。
2019年に読んだ本は91冊
昨年は85冊(ただし、読書管理サイトの移行につきヌケモレが発生しているので、実際にはもっと多いはず)。
今年はあまり読めていない感が強い年だったのだが、それなりにいいペースではないかと。

順不同でベスト本を紹介する。

2019ベスト確定(まだ半年あるが)。最の高。著者の探偵ぶりに感嘆。探偵ぶり…といっても探偵としての行動力でも推理力でもなく…、探偵としての規範…とでもいえばいいのかな。書かれた探偵としてのエピソードも対象のエピソードもそれぞれにいい。もちろん結末も。その結末の先があることを祈りたい。とりあえず、板チョコにかぶりつきたい。

読んだ当時で、このコメント。間違いはない。
フィルムは消失し、主演俳優は失踪。原作の行方もわからない、成瀬巳喜男幻の映画「チョコレート・ガール」を追う著者の探偵物語。読書探偵物であり、歴史探偵物でもある。それらに憧れる自分には、ぴったりの一冊だった。
最初はノンフィクションには思えず、著者による創作なのだと思ったぐらいのリアリティのなさw。でも、追いかけていくうちに、こちらまでいろいろ気になってくるという…。
俺も探偵としていろいろ修行しなくてはね。

今和次郎さんのバラエティブック。考現学を始めた頃の文章もよかったが、歳を経てからの文章もまたよい。民俗学から生活学(家政学?)への変化というのも、なんとなく飲み込めた気がする。
個人的には、「ジャンパーを着て四十年」が最高。

民俗学。考現学=路上観察。自分が好きなジャンルの大先達の随筆集。
観察をし続ける意味をもう一度考えなくてはね。今、この時、日本の街が変容している時代(何度目?維新、震災、戦争、オリンピック、バブルとバブル崩壊。そして、震災とオリンピック…)だからこそ。

アルプの創刊と終刊の経緯、そして執筆者の思い出など。アルプのような丁寧で端正な雑誌、今の時代は無理なのかな。

山の文芸誌という希有なジャンル雑誌の評伝。もし、自分が本をつくることがあるとしたら、ああいうスタイルを目指したい。

不思議な白昼夢感(でも、子供の頃に体験した世界)みたいな。
描き込まれた背景と、キャラの落差。そして、ストーリー。散歩趣味の人にはたまらない感じではないかな。

おそらく、俺にとって何度でも読み返すような座右の一冊になるのではないか。人に勧めるなら、この一冊を推したい。

ヒグラシ文庫有志のフリーペーパー。今号は元店主の故・中原蒼二特集。(投げ銭制)
様々なエピソードとともに、自分が巡り会った中原さんの思い出を思いだす。
ヒグラシの店主と客として。とあるイベントの協力者として。厚かましくも知人を紹介したり、自分のZINEを押しつけたり。
自分の人見知りもあって、大して会話しなかったことが、本当に悔やまれる。もっと、お話しをしてみたかった方でした。著作にサインもお願いできなかったなぁ。

友人が編集しているとか、知人(呑み仲間?)が、筆を振るったとか関係なく、ただ『あの男』の思い出に涙。

考現学の意義、歴史、そして今(将来)。石川さん、佐藤さん、飯田さんの論考にいろいろ考えさせられた。

考現学というか路上観察の手法は、現代でも意義があると思わされた本だった。

他に、デザイナー 渋井直人の休日続 デザイナー渋井直人の休日 (文春e-book)。星羊社の、はま太郎 vol.16―横濱は南区をとことん歩きたい人に贈る 南区特大号めご太郎 第二巻もベストにあげておきたい。

次は、企画展&イベントから。
2019年は体調不良などで、以前よりもだいぶ減りましたね。それだけ歳を取ったということか。
体調を整えることもしっかりやらなくては。

野口久光 シネマ・グラフィクス横須賀美術館
ブログ記事はこちら

ジャズと映画。それは行くよね?という感じ。映画ポスターの美しさに見惚れたな。

●あたらしい時代の始まり@ 鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム
ブログ記事はこちら

神奈川県立近代美術館鎌倉本館の廃止に伴い、鶴岡八幡宮が建物をそのまま利用した施設運営のプレオープニングイベント。
建築が好きな人は楽しめた展示だったのでは。また、今回の改装のアーカイブも展示されていて、そういう記録を取っているところに鶴岡八幡宮の本気さを感じた展示でした。マタイカナクテハ。

吉田謙吉と12坪の家ー劇的空間の秘密 @LIXILギャラリー
ブログ記事はこちら

考現学のもう一方の祖・吉田謙吉の展示。自宅の設計の面白さもさることながら、考現学関連のそれが面白かった。

畦地梅太郎・わたしの山男町田市立国際版画美術館
ブログ記事はこちら

木版画大好き、アルプ(山の文芸誌)大好きの猫綱さんには、たまらない展示。
台風の余波の残るなか、わざわざ行った甲斐はあったかな。

地域の編集ーローカルメディアのコミュニケーションデザイン日本新聞博物館
ブログ記事はなし。

豊穣な各地のローカルメディアに感嘆した。
ローカルであることはマスマーケットから下に見積もられる必要はない。そこにどれだけの熱情を込めることができるのか、が大切なのだろう。
手法としてのローカルメディアはいろいろ実験してみればいいのだ、とおもわされた展示だった。

最後に行けなかった展示(で、悔しい思いをしたもの)を並べておく。

中島敦展――魅せられた旅人の短い生涯神奈川近代文学館
Archives: Bauhaus 展ATELIER MUJI GINZA
猫町装丁展デザイン&ギャラリー装丁夜話 山川直人さんの書いた猫町の本だけは入手。装丁はされていない物だけど…。
江戸の凸凹 ―高低差を歩く太田記念美術館

他にもある気はするが、重要度は低いかな。

9月以降の体調不良で、どうにもならなかった自分が本当に残念。来年は体調を重視しつつも、もっと読んで歩けるようにしなくては。

2019年もありがとうございました。来年もまたよろしくお願いいたします。

2018/12/31

2018 Best of Bests

年末恒例の企画

 

読了本

 


ハモニカ文庫と詩の漫画 (ちくま文庫)

 


 

山川 直人
筑摩書房
売り上げランキング: 111,278

 

 

 

 

やさしい世界に浸る。漫画がベストに入るのは珍しいのではないかな。

 


武蔵野をよむ (岩波新書)

 


 

赤坂 憲雄
岩波書店
売り上げランキング: 120,576

 

 

 

 

マイブーム中の武蔵野。短いテキストから読み解く豊穣な世界。そして久しぶりの赤坂節。堪能した。

 


わが日常茶飯―立ち飲み屋「ヒグラシ文庫」店主の馳走帳

 


 

中原 蒼二
星羊社
売り上げランキング: 15,371

 

 

 

 

我らがヒグラシ文庫店主・中原さんの著作。

 


はま太郎 vol.15―横濱で呑みたい人の読む肴 特別記念号

 


 

星羊社
星羊社
売り上げランキング: 301,224

 

 

 

 

そして星羊社のこの本もベストに。暗渠ネタで特集を組むとは思いもよらなかったよ。

 


ギガタウン 漫符図譜

 


ギガタウン 漫符図譜
posted with amazlet at 18.12.30

 

こうの史代
朝日新聞出版 (2018-01-19)
売り上げランキング: 6,379

 

 

 

 

漫符の再発見。そして鳥獣人物戯画のそれで表現。面白い!

 


雲と鉛筆 (ちくまプリマー新書)

 


 

吉田 篤弘
筑摩書房
売り上げランキング: 132,500

 

 

 

 

思いが深すぎてなにも語れない。

 


東京本遊覧記

 


東京本遊覧記
posted with amazlet at 18.12.30

 

坂崎 重盛
晶文社
売り上げランキング: 287,455

 

 

 

 

 

東京に着いた書かれた本をピックアップしたもの。知らない本も結構あり、勉強になった。

 

 

 

他に、ISBNなしの「御所東考現学」、映画パンフの「日曜日の散歩者たち」もベストに加えたい。

 

 

 

 

企画展・イベントなど。

 

 

・空から見る相模と日本 鳥瞰図の系譜(藤沢市藤澤浮世絵館

 

鳥瞰図を沢山見ることができて眼福。それに尽きる。

 

開館30周年記念 浮世絵モダーン 深水の美人! 巴水の風景! そして ・・・町田市立国際版画美術館

 

近現代の版画を沢山見ることができた。そして大好きな版画家の作品も。

 

鎌倉ゆかりの芸能と儀礼神奈川県立歴史博物館

 

鎌倉にある異相の面を見ることができた。陵王の面のあれこれも気になる。そして、中学時代に衝撃を受けた湯立神楽についても。図録をもっとじっくりと読みたいですね。

 

新井英一のライブと、スーマーさんのライブ(白楽大船)は愉しかったな。

 

トークイベント「路上の異次元」、「はじめての横浜暗渠散歩」も挙げておきたい。
前者は、今は無きブックスペース栄和堂で開催。本当に素敵なスペースでした。
後者は、自分が登壇するというハメにw。愉しませて頂きました。

 

逆に行けなかったもの(それで悔しい思いをした)も挙げておく。

 

〜生誕200年記念〜 幕末の北方探検家 松浦武四郎 (静嘉堂文庫美術館

 

ニッポンおみやげ博物誌 (国立歴史民俗博物館

 

生誕130年 小村雪岱 ― 「雪岱調」のできるまで ―川越市立美術館

 

ふるさとの駄菓子-石橋幸作が愛した味とかたち- (LIXILギャラリー東京)

 

看板建築展 (江戸東京たてもの園)

 

南方熊楠-100年早かった智の人-(国立科学博物館)

 

銭湯と横浜 ちょっと昔のお風呂屋さんへようこそ!(横浜市歴史博物館)

 

映画では、「日曜日の散歩者 わすれられた台湾詩人たち」、「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス

 

今年はあと、こんなのもありましたね。

 





 

 

 


View this post on Instagram

 


 


 


よこはま暗渠散歩 猫綱編。限定12部。横浜暗渠散歩缶バッチ付きで¥500で販売します! #はま太郎フェス

nekotunaさん(@nekotuna)がシェアした投稿 -

 

2018年 9月月1日午後10時32分PDT

 

 

 

こつこつ増刷しています。欲しい方は声がけくださいね。 (缶バッチ在庫払底につき、書籍のみ¥500になります)

 

そして最後は2018年のGPSログ。あくまで、プライベートの時のものだけ。

 


Photo Embed by Google Photos

 

 

今年もあまり動けなかった印象。来年こそは…

2017/12/31

2017ベスト

年末の恒例。
とはいえ、今年も映画、音楽、スポーツは取り上げるのが不可能。むむむ…

 

まずは書籍。(順不同。一応新刊と旧刊はわけておく)

 

 

 

 

冴えない男子の(エキセントリックorサブカル)女子への恋愛譚。なんつーか、はいw

 


東京の編集者―山高登さんに話を聞く

 


 

山高 登
夏葉社 ( 2017-05-01 )
ISBN: 9784904816240

 

 

 

木版画と写真、古い東京。そのた丹精に心を打たれる。

 

 

 

台湾の路上観察本。ああ、台湾に行ってみたいな。

 

 

 

コミケで販売されて欲しかった本。まさか有隣堂で買えるとはね。有隣堂、GJ!


はじめての暗渠散歩: 水のない水辺をあるく (ちくま文庫)

 


 

本田 創, 高山 英男, 吉村 生, 三土 たつお
筑摩書房 ( 2017-11-09 )
ISBN: 9784480434814

 

 

 

暗渠への視界が更に広がる気が。まずは暗渠散歩だ!

 

 

まあ、これは別格か。今年刊行された、はま太郎13号、めご太郎もよかったよ。

 

 

 

あとは、

 

のんべえ春秋 どこでもビール号
mürren vol.21_2017 July 多摩丘陵
海洋博物系ZINE キュウセン Vol.03 特集 海辺の民俗/博物 三浦半島と昔日の海
もなかなかでした。

 

ほかに、おじさん酒場地図で楽しむすごい神奈川車窓の山旅 中央線から見える山郊外行楽地の誕生 〜ハイキングと史蹟めぐりの社会史、など

 

旧刊から


鶴川日記 (PHP文芸文庫)

 


 

白洲 正子 / PHP研究所 ( 2012-05-17 )

 

 

 

白州正子さんの視点でもっと鶴川周辺を掘り下げていたら…と思わされた一冊


実歴阿房列車先生 (旺文社文庫)

 

 

 

 

ようやく読めた一冊。あの旅の秘話や風船画伯こと谷中安規のあれこれを知ることができた

 

 

 

 

これもまたようやく読めた一冊。

 

ちなみに今年の購入額は110611円。読了数122冊でした。

 

続いて展示。

 

カッサンドル・ポスター展 グラフィズムの革命(埼玉県立近代美術館)感想
地球をはぎ取る 地層が伝える大地の歴史(生命の星・地球博物館)感想
このふたつが二大巨頭かな。今年はあまり見に行けなかった。来年はもうちょっとなんとかしたい。

 

続いて見に行けなかった展示。

 

愛された金沢八景 (神奈川県立金沢文庫)
☆野田宇太郎、散歩の愉しみ-(町田市民文学館ことばらんど)
東京凸凹地形(東京都立中央図書館)
ソール・ライター展(Bunkamura)
☆ようこそ!横浜地図ワールドへ(都市発展記念館)
☆アジールフロッタン再生展(東京・横浜巡回)

多面体・吉田謙吉(奥野ビル) 神になったオオカミ~秩父山地のオオカミとお犬様信仰~(埼玉県立川の博物館)
山の本(世田谷文学館)
☆水族館劇場 もうひとつのこの世のような夢 寿町最終末完成版
丹波コレクションの世界Ⅱ 歴史×妖×芳年 “最後の浮世絵師”が描いた江戸文化(横浜市歴史博物館)

 

 

今年は不完全燃焼の年でした。展示も本も散歩(フィールドワーク)も。来年はもう少し心の余裕が欲しいですね。

2016/12/30

Best of the bests 2016

年末の定番記事。

 

展示系

 

 

 

    • 荻窪暗渠展 *

 

    • 細心精緻な幕末絵師「貞秀」ワールドにようこそ(横浜市中央図書館) *

 

 

 

 

 

新刊・読了

 

 


街角図鑑

 


 

三土 たつお
実業之日本社 ( 2016-04-28 )
ISBN: 9784408111834

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


わたしの小さな古本屋 (ちくま文庫)

 


 

田中 美穂
筑摩書房 ( 2016-09-08 )
ISBN: 9784480433817

 

 

 

 

 

 

 


多摩川飲み下り (ちくま文庫)

 


 

大竹 聡
筑摩書房 ( 2016-10-06 )
ISBN: 9784480433879

 

 

 

 

 

 


かまくらパン

 


 

小出 美樹, 井上 有紀
港の人 ( 2016-02-03 )
ISBN: 9784896293098

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

殿堂入り

 

 

 

 

 

旧刊・読了

 

 

 

 

 

 

 

 

 


昔日の客

 


 

関口 良雄
夏葉社 ( 2010-10 )
ISBN: 9784904816011

 

 

 

 

 

 

 


蚕: 絹糸を吐く虫と日本人

 


 

畑中 章宏
晶文社 ( 2015-12-11 )
ISBN: 9784794968999

 

 

 

 

 

 

 


本の話 (岩波写真文庫―田中長徳セレクション)

 


 

岩波書店編集部
岩波書店 ( 2008-03-05 )
ISBN: 9784000282185

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画・DVD・CD・iTunes

 

 

2015/12/31

Best of the Best 2015

今年一年の書籍、展覧会等の私的ベストを。

 

芸術部門

 

『月映(つくはえ)』田中恭吉・藤森静雄・恩地孝四郎東京ステーションギャラリー 

 

池田修三展「プロフィル profile」秋田県立美術館 

 

別枠

 

鎌倉からはじまった 1951-2016全三回* *神奈川県立近代美術館鎌倉館 

 

博物館部門

 

開館20周年記念 植草甚一スクラップ・ブック、世田谷文学館 

 

第47回 地図展 横浜のまち みち みなと 

 

あこがれの「団地」高度成長とベッドタウン横浜横浜都市発展記念館 

 

書籍 2015新刊部門

 

 

 


暗渠マニアック!

 


 

吉村 生, 高山 英男
柏書房 ( 2015-06-25 )
ISBN: 9784760146093

 

 


ちづかマップ 3 (フラワーコミックススペシャル)

 


 

衿沢 世衣子
小学館 ( 2015-08-10 )
ISBN: 9784091374400

 

 

 

 


蚕: 絹糸を吐く虫と日本人

 


 

畑中 章宏
晶文社 ( 2015-12-11 )
ISBN: 9784794968999

 

 

 

 

 

 

 

書籍 2015古書・旧刊部門

 


戯作者銘々伝 (ちくま文庫)

 


 

井上 ひさし
筑摩書房 ( 1999-05 )
ISBN: 9784480034779

 

 

 

 


ホームレス歌人のいた冬 (文春文庫)

 


 

三山 喬
文藝春秋 ( 2013-12-04 )
ISBN: 9784167838966

 

 

 

 

 


 


 

森田 誠吾
文藝春秋 ( 1995-01 )
ISBN: 9784167324049

 

 

 

 


櫓の正夢―鶴屋南北闇狂言 (ちくま文庫)

 


 

星川 清司
筑摩書房 ( 1999-05 )
ISBN: 9784480034823

 

 

 

DVD/映画・CD/iTunes

 


白夜のタンゴ [DVD]

 


 

ワルテル”チーノ”ラボルデ, ディエゴ”ディピ”クイッコ, パブロ・グレコ, アキ・カウリスマキ
紀伊國屋書店 ( 2015-07-25 )

 

 

 

2014/12/30

2014ベスト(展示&書籍)

というわけで2014ベストを。
音楽や映画、演劇・芸能は今年は(も)パス。

 

ますは書籍。読んだり、購入した本は多かったけれど、今年の新刊となると結構少ない。

 

 

 


東京大学の学術遺産 君拾帖 (メディアファクトリー新書)

 


 

モリナガ・ヨウ
KADOKAWA/メディアファクトリー ( 2014-06-27 )
ISBN: 9784040667959

 

 

幕末の本草学者で、幕府の職員としてパリ万博に出張したり、そのまま明治新政府に仕えて殖産興業に尽力した人物の硬軟聖俗取り混ぜたスクラップ帳。
何度見ても見飽きないし、コレクション(もしくはアーカイブ)し続けることの意義を再認識させられた一冊。

 


星を賣る店

 


 

クラフト・エヴィング商會
平凡社 ( 2014-01-27 )
ISBN: 9784582836417

 

 

 

ご存じクラフト・エヴィング商會の同名展示の図録でもある一冊。
企画展と共にこの本も素敵な一冊。自分にとっては家宝級です。

 

 

 

 

我が敬愛の歌人・水原紫苑さんの書籍。
文学における桜の意味の変容を追いかけた物。
(このジャンルでは櫻史という有名な本があるけれど、二番煎じでは全くない)
現在のJ-POPや、国家に管理された桜に対する意識論まで踏み込んだ本でした。

 

番外編

 

 

特集:フィールワーカーになる
自分の立ち位置を測るキーブックになりそうな特殊でした。

 

続けて企画展を。

 

○星を賣る店 クラフト・エヴィング商會のおかしな展覧会@世田谷文学館

 

(→ブログ
やはりこれが一番かなぁ。目に対する至福、その世界を追体験できる街並みの再現など、幸せな展示。ああ、その街並みの中で暮らしてみたい…

 

ディスカバー・ディスカバー・ジャパン展@東京ステーションギャラリー

 

(→ブログ
'70年代、国鉄が官民一体で盛り上げたキャンペーンの回顧展。
その功罪も含めて取り上げてあるのが素晴らしかった。
(ディスカバージャパン以降のキャンペーンについてもっと知りたかったかな。今後に期待。)

 

大おにぎり展@横浜市歴史博物館

 

(→ブログ
おにぎりひとつで、これほどの展示ができるとは!
横浜市歴史博物館はこのスタンスで、これからも突き抜けた展示を目指して欲しいw

 

○番外 魅惑のニッポン木版画@横浜美術館

 

(→ブログ
木版画好きであっても、膨大な情報量を処理できず思考停止した展示でした。
いい展示だったし、好きな版画家も作品も見られて幸福だったけれど、自分の勉強不足も痛感させられた展示でした。

 

blog化しなかった物をいくつか列記。

 

05.31桂米團治独演会(鎌倉芸術館)
10.26しでんちゃんフィールドワーク(神奈川〜高島町)
10.26三井物産横浜支店生糸倉庫のフィールドワーク
09.14スーマーさんのライブ(旧バラ 荘)
09.23ツブヤ大学 ツブヤ大学的「東京」考現学(3331 Arts Chiyoda)

 

行けなかった展示は
鏑木清方(千葉市美術館)、吉田初三郎(名古屋市博物館)、葛飾探偵団(葛飾区郷土と天文の〜)、川上澄生(武蔵野市吉祥寺美術館)、ブルーノ・タウトの工芸(LIXILギャラリー)、渋沢敬三屋根裏博物館(埼玉ほか)など。

 

スポーツ観戦、映画鑑賞は0、新作のCD/iTunesの購入もなし。
古典芸能も0ですか…

 

いくつかお誘いを受けたイベントも仕事/体調不良で当日ドタキャンしたものも多かったなぁ。

 

来年は、もっと面白そうなヒト・コト・モノ・バショに出歩くような年にしたいですね。

 

2012/12/30

2012 Best of Best

今年を振り返る的な意味で。

 

諸ジャンルから数にこだわらず、思い付くままに。

 

美術展

 

生誕100年藤牧義夫展(神奈川県立近代美術館鎌倉館)

 

生誕100年松本竣介展(神奈川県立近代美術館葉山館)

 

行けなかった美術展

 

幻のモダニスト 写真家堀野正雄の世界(東京都写真美術館)
これは本当に悔しかった。図録は購入したが実際に行きたかったですね…

 

企画展

 

今和次郎 採集講義(パナソニック汐留ミュージアム

 

CD

 


サンケン・コンドズ

 


 

ドナルド・フェイゲン
ワーナーミュージック・ジャパン ( 2012-10-17 )

 

 


ア・マター・オブ・ライフ(初回限定:DVD付き)

 


 

ペンギン・カフェ
PLANKTON ( 2012-06-24 )

 

 

 

書籍

 


オオカミの護符

 


 

小倉 美惠子
新潮社 ( 2011-12-15 )
ISBN: 9784103316916

 

 

 

 

 


いしいひさいち  仁義なきお笑い (文藝別冊/KAWADE夢ムック)

 


 

河出書房新社 ( 2012-06-16 )
ISBN: 9784309977737

 

 

 

アプリ

 

icon 横濱時層地図(日本地図センター)

2006/09/03

はじめに

ブログ"The Days on the Rove"を開設します。

 

お目汚しですが、おひとつどうぞ。

 

"毎日が旅だったらいいよね"を合言葉に気ままに書いていくつもりです。
楽しみながら(コレ重要!)書いていきます。
フォトログも心境の吐露も感想も酔狂も並列して載せていきます。

 

ハンドルの『猫綱(ねこつな)』は雅号です。
大学時代に短歌をたしなんでいたときの物です。
その雅号を今でもそのまま使っています。
日本語としては

猫綱(ねこづな):
猫をつないだ綱。転じて、強情で他人の言うことに従わないこと

と言う意味になります。自分をよく表したいい(?)雅号だと思ってます。

 

よろしくお願いします!

その他のカテゴリー