« 2019/08/15山男と縄文と | トップページ | 2019/08/15一枚の切符から昭和のあの頃へ@都市発展記念館 »

2019/08/16

足洗川の暗渠の埋立。(2019/07/20〜21)

横浜市神奈川区の入江川支流足洗川の暗渠の一部が埋め立てられるとのことで確認してきました。(2019/07/20〜21)

足洗川の暗渠が埋め立ての模様。つーか、すでに埋め立てが…。(金網越しの撮影)

場所はここ(ココログがGoogleマップ/オープンストリートマップの埋め込みに対応していないみたいなのでリンクで)
もとは中華料理屋が暗渠の上に不法占有?していて、暗渠がのこっていたのだと思われる。

工事現場の様子。工事用バリケードで囲ってある分に中華料理屋があった。 

IMG_7511

埋め立てられてない暗渠の内部を覗く。前の写真のバリケードパネルの手前側で暗渠が屈折しているのがわかる。

IMG_7508

近くにある(二枚目の写真の右側)暗渠サイン。昔の橋跡。これは残りそうにみえる。

IMG_2081

 今回フィールドワークして気がついたのだが(以前からこの場所はフィールドワークしている)、別の場所で見つけた「川をきれいに」的標柱が2本あることを発見した。一回認識できたことがこういう発見に繋がるのだろうな。

IMG_2083

IMG_2077

今後どのようになるのか再度フィールドワークしなくては。横浜クラスタ&暗渠クラスタとして義務として。

| 猫綱 | | 暗渠 | Comment (2)

« 2019/08/15山男と縄文と | トップページ | 2019/08/15一枚の切符から昭和のあの頃へ@都市発展記念館 »

コメント

はじめまして

中華料理屋さんがあった下に空間が開いてるのはわかってたのですが
建物がなくなって埋められてしまったのですね
埋め立てされたことを知らず自分で写真撮影できなかったのが残念でした
貴重な写真を公開してくれてありがとうございます

大口商店街の能登屋と布団屋さんの間にも川跡がありましたが埋め立てられてしまいました
川の上に建物があったのは終戦直後の闇市の名残だったようです
川の上に建物があったりしたので河川の改修や堆積物の掃除ができなかったので
台風等の大雨で水が溢れ白幡から大口商店街にかけてしばしば洪水で被害をもたらしました
昭和50年代後半の下水道整備と共に足洗川廃止が決まり埋め立てられました

ただ、河川上部に建物があった地点は埋め立てされずに川跡が今日でも残っていました
まだ聖徳幼稚園の裏の住宅の間では川跡が残っているはずです

●Posted by: Owls | 2019/12/30 04:59

Owlsさん。
情報ありがとうございます。
この場所の埋立を知ったのはちょっとしたきっかけでした。運がよかったというか…なんというか。
自分がこの場所を認識したころは、中華料理屋(黄鶴だったかな?)しか残っていませんでしたが、以前はその裏手の暗渠部分にも店舗があったらしいですね。
能登屋裏〜保育園のところは気になりつつも覗くのが気が引けて…
情報ありがとうございます。また、再訪したいと思います。

●Posted by: 猫綱 | 2019/12/30 10:54

コメントを書く

(Not displayed with comment.)

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2019/08/15山男と縄文と | トップページ | 2019/08/15一枚の切符から昭和のあの頃へ@都市発展記念館 »

Copyright ©2006-2020 猫綱(Nekotuna) All rights reserved.