« Exhibition覚書2019-08 | トップページ | 2019/08/15山男と縄文と »

2019/08/01

2019年7月の読了本

2019年7月の読了本。

 

令和の世に考現学の採集報告を読めるとは思わなかった。看板建築、震災復興計画の記事も含めて保存版。能町さんの連載の新横浜駅篠原口の記事に膝を打つ。あの風景は特異だものねぇ…。

 

モブロさん最終日の購入。再読。また全巻を手元に置いておきたくなって…。(置くなら新版がいいのだが)

著者 : 相馬貞三
発売日 :

これもモブロさんでの購入。コレクション趣味はないのだが、こういう豆本も面白いかと。

稲生物怪録をリファインした物語。落とし所もいいね。

 

著者 : 佐々大河
KADOKAWA
発売日 : 2019-07-13

旅も佳境に。そして物語も。

著者 : つげ義春
新潮社
発売日 : 1998-02-26

手元にあるのはちくま文庫版。ちくま文庫版には、「退屈な部屋」が掲載されてないのでね。

著者 : つげ義春
新潮社
発売日 : 1995-04-01

猫町紀行を読み返したくて、購入。

発売日 :

ZINE。もっと淫祠(©永井荷風)よりかと思ったが…。これはこれでいい。

発売日 :

こういうZINEがでてくる時代になったのだな。応援したい。

| 猫綱 | | BOOK | Comment (0)

« Exhibition覚書2019-08 | トップページ | 2019/08/15山男と縄文と »

コメント

コメントを書く

(Not displayed with comment.)

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Exhibition覚書2019-08 | トップページ | 2019/08/15山男と縄文と »

Copyright ©2006-2020 猫綱(Nekotuna) All rights reserved.