« 滝の川境橋を下流側から眺めると | トップページ | exhibition覚書'19/05 »

2019/05/01

2019年4月の読了本

nekotunaの本棚 - 2019年04月 (10作品)
季刊横濱 2019春号 Vol.64
季刊横濱 2019春号 Vol.64
-
読了日:04月07日
評価3

特集が彩色絵葉書。古書店の店頭にも転がっていることが多い。どちらにしても沼だとは思うが、調べてみても面白そうだ。
そして私製葉書の歴史に関する章が面白かった。

 

特集:東京周辺路線バスさんぽ
自分は路線バスを使う散歩という視点が全く欠けているなぁ。うまく使えるようになりたい。

東京人 2019年 05 月号 [雑誌]

 

特集:反骨の多摩・武蔵野
最近気になっている多摩や武蔵野。同じ武蔵国である久良岐や橘樹(横浜市内)となにが違うのだろうか。なにが違わないのだろうか。

少年期の伊勢新九郎・後の北条早雲。これからの活躍が楽しみ。ゆうきまさみの漫画のスタイルに久しぶりに触れるなど。

 

 

横浜の古いタウン誌。これらが伝説の編集長時代のものかは不明(たぶん違う)。古書店めぐりの際は蒐集を心掛けたい。

 

空飛ぶ浮世絵師こと五雲亭貞秀の作品集。

 

テレビドラマの原作。いろいろ身につまされるなぁw

 

まさかのダブり蒐集!欲しい方がいたら、差し上げるのにな。

 

奇書と言わずして…という感じ。これを読んでも百年の孤独を読んだことにはならないが、この本の主題は見えてくるかもしれない。

powered by Booklog

 

結構読むことができた4月だったかな。このペースを維持したい。

 

« 滝の川境橋を下流側から眺めると | トップページ | exhibition覚書'19/05 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 滝の川境橋を下流側から眺めると | トップページ | exhibition覚書'19/05 »