« 20190502あたらしい時代の始まり@鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム | トップページ | 201900430スーマーライブ@大船ヒグラシ文庫 »

2019/05/03

鎌倉・若宮大路の暗渠

在華坊さんのtweetで知った、鎌倉は若宮大路の工事に伴い露出した暗渠。せっかくなので現調に。

IMG_7133

場所はこのあたり

小町通りを渡って、横須賀線沿いに流れる小河川と露出点下流で合流するもの(その先で若宮大路を渡り、滑川に流れ込む)。この川自体は若宮大路沿いに流れるものだろう。

IMG_1948

石墨の護岸。かなり古そうなもの。石は鎌倉石だろうか?房州石っぽくも見える。(このあたり同定できるほどの知見無し)

IMG_7138

水量はそれなりにあったが、ここ最近の雨のせいだろうか。玉石やガラはあるものの、家庭ゴミ的な物はみえず。ヘドロがたまっている雰囲気もない。
ラティス(メッシュ?)があると言うことは、型枠を作ってコンクリを直に打つのだろうか。(と、Twitterには書いたが、単に転落防止用かもしれぬ)

IMG_1950

一枚目の写真を逆側から。看板裏に暗渠が露出した部分がある。手前に橋の欄干(橋名不明)。人が多く、なかなかいい角度では写真を撮る事が出来なかった。
欄干奥のスロープ左側に向かって別の川が伸びている。この川は暗渠上の魚屋がある場所。小町通りを抜けて開渠になり、JRの線路沿いに伸びる小河川。たしかシン・ゴジラで横須賀線の線路とゴジラが映ったシーンあたりまではこの川を追いかけられるはず。

さて、この暗渠の上流部はどこに至るのだろうか。
ざっとみたところ、上流側の次の路地部には明らかに暗渠らしき膨らみが存在する。豊島屋の前の道もそれっぽくは見えるが、真偽は不明。豊島屋の次の路地までは歩道がやたら広いのも気になるところではある。資料と現調を駆使して、この暗渠をもう少し突き詰めてみたい。

km1

カシミール3D&スーパー地形で当該地形を確認すると若宮大路の周囲が微高地になっていて、若宮大路がちいさな谷になっているのが確認できる。このまま、若宮大路を遡るのだろうか…。

| 猫綱 | | 暗渠 | Comment (3)

« 20190502あたらしい時代の始まり@鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム | トップページ | 201900430スーマーライブ@大船ヒグラシ文庫 »

コメント

レポートお疲れ様でした。こういう工事があると普段隠れているものに気付かせてくれますよね。

●Posted by: kanageohis1964 | 2019/05/03 10:55

初めまして。若宮大路沿い(三河屋本店向かい辺り)に生まれ育った者です。
鶴岡八幡宮前の交差点から若宮大路の両側には、この露出写真の通りの開渠の側溝が流れていたのを覚えております。昭和40年代初めにこれを塞ぐ形で工事が行われ、現在の歩道が整備されました。それまでは沿道の家は各戸小橋を渡って出入りしていました。
側溝の水は(暗渠になった今も変わっていないと思いますが)鶴岡八幡宮の源平池の太鼓橋横の排水口から流れ出ていました。

幼い頃の記憶ですが、この暗渠化工事を毎朝のように見に行って、工事屋さんと一緒になってお昼のお弁当を食べたことを思い出します。

●Posted by: DKC | 2019/10/07 17:14

DKCさん。情報ありがとうございます。
若宮大路沿いに開渠があったとは!古い写真を探せば、その当時の風景を探せるかもしれませんね。

●Posted by: 猫綱 | 2019/10/07 21:43

コメントを書く

(Not displayed with comment.)



« 20190502あたらしい時代の始まり@鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム | トップページ | 201900430スーマーライブ@大船ヒグラシ文庫 »

Copyright ©2006-2019 猫綱(Nekotuna) All rights reserved.