« Exhibition覚書'16/09 | トップページ | 横浜の企画展三件 »

2016/09/04

大宮公園のスリバチ地形

過日、大宮周辺を歩く機会がありました。

その中で大宮公園と武蔵一宮・氷川神社(氷川丸の由来!)周辺も歩きました。
公園の中には県立歴史と民俗の博物館というのもあり、気になるところでした。再訪しなくては。

それ以上に気になったのが、比較的フラットに感じられる大宮周辺なのに、公園内と氷川神社にそれぞれ池があるところ。水源が何なのか気になりました。

帰宅後、カシミール3Dとスーパー地形で確認したところ…

大宮公園付近

立派なスリバチ地形でした。なるほど、溜池。そういうことだったのですね。
東武野田線と東北線が分岐するあたりの北側で、暗渠を発見したのですが、その流れが大宮公園のボート池(一番大きい池)の水源だったようですね。

面白いのは、大宮公園内にあるサッカー場、野球場、競輪場兼陸上競技場がスリバチ地形の崖を利用しているところ。実物を確認したわけではありませんが、合理的な建築手法のように見えてきます。こういうところまで、現地で気がつければ愉しいのになあ…。反省。

大宮公園の中には過去に存在したホテルのアーチが残されていて、浦和の別所沼周辺と同じく、東京郊外の遊楽地だったのかなと想像しています。

| 猫綱 | | Lifelog2016 | Comment (0)

« Exhibition覚書'16/09 | トップページ | 横浜の企画展三件 »

コメント

コメントを書く

(Not displayed with comment.)

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Exhibition覚書'16/09 | トップページ | 横浜の企画展三件 »

Copyright ©2006-2020 猫綱(Nekotuna) All rights reserved.