« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016/08/31

飛行塔

IMG_4883
さいたま市大宮公園、iPhone6s

大宮公園内にあった古い公園遊具・飛行塔。
再訪して、動いている姿を見てみたい。

IMG_4886

IMG_4887

iPhoneで撮影したとはいえ、カメラを用意しなかったのが悔やまれる(当日は雨が心配だった故に)。

2016/08/15

企画展感想棚卸

名称:江戸の博物学 〜もっと知りたい!自然の不思議〜
場所:静嘉堂文庫美術館
会期:6/25〜8/7
入場料:¥1000
見学日:7/17
図録:なし

私たちをとりまく大いなる自然。博物学とは、この自然に存在するモノについて幅広く研究する学問です。東洋では、それらは本草学として特に薬の分野で発達してきました。我が国も古くから中国の本草学を取り入れてきましたが、江戸時代後期の1700年代半ば頃から西洋の博物学がもたらされるようになり、その影響を受けるようになってきました。

本展では本草書の歴史をたどりつつ、それと並行して江戸時代の人々に西洋博物学がどのように受け入れられてきたのかをご紹介します。そこには、現代の私たちと同じ“自然への探求心”を見出すことができるでしょう。「江戸の博物学」の魅力をご堪能ください。

最近気になっているのが、江戸時代の本草学(博物学)。以前LIXILギャラリーで本草学関連の展示を見たが、今回は本草学にとどまらない範囲のもの。

以下メモ
中国の植物図鑑(元時代)と同じ物を江戸時代に復刻したもの。その差異。
備前焼の香炉。雁と雉。精細・写実。そしてかわいらしさ。いい。
天保時代の植物図譜。自然学と美術のいい関係。精緻さの中の絵師の絵心がほのかに神まみえる。
司馬江漢、杉田玄白、平賀源内、青木昆陽など。医学や科学、宇宙、オランダ語辞書まで。(やっと博物学らしく)
西洋の植物学手法を使った植物図鑑。分類にリンネの分類法を使用。(日本の本草学はあくまで植物の利用法として発達してきた故)
木村黙老の「鱗鏡」。260種の魚類図鑑。実際の絵を見られるのは展示の都合上一部だけだが、パネル化して全部を展示してあるのがよい。黙老という名に聞き覚えがあるのだが、畸人伝か森銑三の評伝で見かけた名だろうか。

コンパクトな展示だが、見応えはありました。

名称:ザ・模型 —NYK Model Ships—
場所:日本郵船歴史博物館
会期:4.23〜7.10
入場料:¥400
見学日:2016.05.04
図録:なし

日本郵船の艦船模型の展示。
メモ紛失につき詳細不明。スクリューと舵の位置関係が気になったことは覚えている。
あと、一部の艦船模型を半分にカットしているのに複雑な気分になったのも。竜田丸があったような。

名称:「しでんほーる」開館記念 第2回しでんの学校写真展「横浜市電が走っていた あの街この街」
場所:横浜市電保存館
会期:8/13〜9/4
入場料:(市電保存館入場料¥400)
見学日:2016/08/13
図録:なし

友人たちの肝煎りなので、開催初日に遠征。
写真自体も見応えがある。それ以上に写真の前で繰り広げられる多士済々の会話が非常に面白い。
当日は、写真展終了後に野毛で酒飯。鎌倉に移動し「怪談の夕べに」参加。最後は大船で酒。
「怪談の夕べ」は怪談そのもの…というよりは、日本近代文学のなかで怪談めいたもの(人間の業を描いたもの)を朗読会でした。
鎌倉の路地の家(静かで涼しい!)の雰囲気と相まって、いい会でした。

2016/08/11

スリバチナイト4

楽しかったぁ! #スリバチナイト

愉しい一夜でした。そして刺激を受けました。

IMG_4819

個人的には、漫画「ちづかマップ」の衿沢世衣子さんのお話が非常に良かった。
続編を希望します。(サインをお願いすれば良かった!)

東京から広がったスリバチ学会的視点、大阪でも新たな視点を獲得しているのですね。
さて、われらが横浜・神奈川はどうか?俺もなんらかの形でコミットできたらと思います。

スリバチナイト4

スリバチナイト4togetter

2016/08/07

約30年前の全国の古書店リストから

の以前から欲しかった全国古本屋地図(古書組合参加の古書店リスト)の'88(昭和63年)版 を入手。

古き良き時代の古書店の場所や屋号を知りたかったのが理由。

大船の田辺書店(その後、伊勢佐木の誠文堂書店跡に移転したが現在は閉店。誠文堂で修行したらしい。誠文堂書店自体は馬車道に移転して現在も営業中)
この当時は新規開店。そうなのか。俺が知ったのは数年後。すでに大家の風格が漂っていたが… 。大船時代は大変お世話になりました。
大船の興和堂、松永堂書房は名前は知るが、訪れたことはないな…

誠文堂戸塚店。小さな店だったけれど、絶版文庫と郷土資料に強い店だった。伊勢佐木の本店とは全く雰囲気が違う店だったっけ。(伊勢佐木時代の誠文堂は冷やかしお断りと看板があって、二の足を踏む店だった)

同じく戸塚の小山書店戸塚店。ようやく店の名を思い出した。六角橋の名店の支店。六角橋の支店だったのか!当時はなかなか手が届かない店だったが、いまなら…という感じ。高校時代の先輩がバイトしていたのは、ちょっぴり甘い思い出。

鎌倉だって、東急ストア並びに田園書房、今小路が由比ヶ浜通りにぶつかるところに愛隣書房(そんな店があったのか)、御成通りにショップかまくら(これも知らず)。四季書林は開店まもなくと記載。

横浜・イセザキモールのオデオン座の中にあった先生堂書店。懐かしい!オデオン座のワンフロア全部使っていたのではないだろうか。硬軟取り混ぜて物量も含めていい店だった。

白楽周辺も、
先生堂の六角橋店。(ここが鉄塔書院になったと思っていたが…違ったのか)
先生堂の並びに篠原書店(この版では閉店と記載)
書肆白楽にねこまた文庫など…今でも横浜市内では古本屋の街ってイメージだが、以前から古本屋の多い街だったのだなぁ。

あと、横浜市内の末尾に「神奈川県貸本組合のみに参加している店もあるが…」と記載。
貸本組合なんてのもあったのか、要調査。そういえば、戸塚のサクラモールの中に、貸本屋上がりの小さな古本屋がありました。おばあちゃんが店番だった。
もう一つ、市内の末尾に「県内では八六年に組合で出した「神奈川県古書店案内」が重宝されている」と。この本も探してみよう。

全国古本屋地図による過去の古本ツアー・イン・ジャパン。もうしばらくの間、楽しめそうです。

2016/08/01

Exhibition覚書'16/08

8月以降のものを備忘録的に。(最終更新8.28)

(更新記録7.31、8.11、28)

○見学必須
◎見学済

開催中、終了済は終了日順。開催前は開催日順。
'12/12よりジャンル
分類を廃止。タグでカテゴリ分類を実施。(人文、自然、芸術(美術、音楽、演劇、映画、工芸)、トークイベント)

--会期終了--

●06.15〜08.01[建築・人文]郷土建築へのまなざしと日本建築協会大阪歴史博物館[大阪・谷町四丁目])
○08.05[トーク]Title版暗渠マニアック!Title[東京・荻窪])
●06.04〜08.07[人文]根岸競馬場開設150周年記念 ハイカラケイバを初めて候(馬の博物館[横浜・根岸])
◎06.25〜08.07[人文・自然]江戸の博物学〜もっと知りたい!自然の不思議〜(静嘉堂美術館[東京・二子玉川])
●06.02〜08.28[人文]文字の博覧会 -旅して集めた“みんぱく”中西コレクション-LIXILギャラリー[東京・京橋])
◎08.19[ネット配信]第118回 不忍ブックストリーム「『はま太郎』と横浜市民酒場」

--会期中--

○08.16〜08.31[ブックフェア]トは図書館のト(鎌倉市立深沢図書館[鎌倉市・湘南深沢])
●07.16〜09.04[人文]ギリシア考古学の父 シュリーマン―初公開!ティリンス遺跡原画の全貌―(横浜ユーラシア文化館[横浜市・日本大通])
○07.23〜09.04[人文]よみがえる学校の文化財 地域の“かがみ”学校内歴史資料室(横浜市歴史博物館[横浜市・センター北])
●07.23〜09.04[人文]ミトホケをヒモトケ鎌倉国宝館[鎌倉市・鎌倉])
○06.24〜09.25[建築]土木展21_21 DESIGN[東京・六本木])
●07.12〜09.25[美術]三人の人間国宝による色絵磁器 同時開催 小村雪岱と資生堂書体(資生堂アートハウス[静岡・掛川])
●08.13〜09.25[美術]生誕120年記念 小林かいち武蔵野市立吉祥寺美術館[東京・吉祥寺])
○08.01〜09.29[ブックフェア]「見つけたり、拾ったり」 意外なところに、自然からの贈りものLIXILブックギャラリー[東京・京橋])
●08.05〜10.05[人文]国宝でよみとく神仏のすがた 新国宝指定 称名寺聖教・金沢文庫文書から(神奈川県立金沢文庫[横浜市・金沢文庫])
●04.12〜10.10[人文]柳田國男と考古学-柳田考古遺物コレクションからわかること-(国立歴史民俗博物館[千葉・佐倉])
●07.10〜10.10[美術]鉄道美術館展(川崎市岡本太郎美術館[川崎市・向ヶ丘遊園])
○08.08〜10.16[人文]昔のくらしと道具2016川崎市市民ミュージアム[川崎市・武蔵小杉])
●07.22〜10.23[人文]明治のクール・ジャパン 横浜漆器の世界-金子皓彦コレクションを中心に-(横浜開港資料館[横浜市・県庁前])
●07.16〜11.06[自然]Minerals in the Earth ―大地からの贈り物―神奈川県立生命の星・地球博物館[小田原・入生田])
○08.20〜11.06[美術]柳原良平 海と船と港のギャラリー(横浜みなと博物館[横浜市・桜木町])
○07.16〜12.25[人文]まるごと氷川丸展日本郵船歴史博物館[横浜市・馬車道])
○08.17〜12.25[人文・美術]本のなかの江戸美術(東洋文庫ミュージアム[東京・千石])

--会期前--

○08.30〜09.25[人文]没後100年記念 田中芳男 -日本の博物館を築いた男-(国立科学博物館[東京・上野])
●09.07〜10.30[美術・工芸]驚きの明治工藝東京藝術大学大学美術館[東京・上野])
○09.08〜11.26[人文]水屋・水塚 -水防の知恵と住まい-LIXILギャラリー[東京・京橋])
○09.08〜11.29[人文]見世物大博覧会国立民族学博物館[大阪・万博記念公園])
○09.10[トーク]『はま太郎』×ビブリオバトル in 有隣堂~横濱市民酒場を語りつくす!
○10.08〜12.25[美術]松本竣介 創造の原点(神奈川県立近代美術館鎌倉別館[鎌倉市・鎌倉])
○10.09〜12.25[美術]大田区制70周年記念 (仮称)「川瀬巴水」(大田区立郷土博物館[大田区・西大井])
○10.14〜01.22[美術・工芸]デザインの解剖展: 身近なものから世界を見る方法21_21 DESIGN SIGHT[東京・六本木])
○2017.07.08〜08.27[美術]生誕140年吉田博展(損保ジャパン日本興亜美術館[東京])

訪問必須

東海道線旧路
鎗水
小野路・小山田
ユーシン渓谷
奥多摩
大口暗渠
境川ゴム堰
栄区石橋
三浦半島ジオFW

映画

詳細不明

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »