« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016/06/26

鎌倉の古墳と微地形についての一考察

鎌倉市内で古墳時代の箱式の石棺墓と埋葬された人の骨が発掘されました。
石棺墓が見つかったのは鎌倉市由比ガ浜の海岸から400メートルほど内陸に入った遺跡の発掘現場です。
石棺は深さが45センチ、長さ2メートル30センチ幅およそ1メートルで、数十個の石が長方形に積み上げられています。
5世紀から7世紀ぐらいの古墳時代の石棺墓が鎌倉市内で発掘されたのは初めてですが、県内では13例目で主に三浦半島エリアで出土しています。
一方、人骨は身長が155センチほどで骨の形状や成長度の分析から10代半ばの男性と推測されています。
また6日には石棺墓近くで同じ古墳時代の地層から埋葬された子どもとみられる人の骨が新たに発見されました。
鎌倉市は発掘現場を今月12日に一般公開する予定です。

tvkニュースより(出典先リンク消失)

というニュースが話題になりました。場所は、(仮称)由比ガ浜こどもセンター建設地とのことです。以前旧鈴木邸といい、アントニン・レーモンド設計の邸宅があった場所になります。

鎌倉で古墳というと、向原古墳群というのがあります(した)。
いくつか古墳があったようですが、現存しているのは和田塚という駅名の元になった和田塚です。もとは無常堂塚と呼ばれたもので、 1892(明治25)年にその一部が削られたとのこと。和田塚という名の由来は和田合戦から来ているようですが、どこまで真実なのかは謎のようです。

また、采女塚という円墳が1887( 明治20 )年 に道路工事のため壊され、女子像・男子像・馬・円筒などの埴輪が出土した記録があるそうです。

鎌倉石棺研究2

大まかですが今回の石棺が見つかった場所と、和田塚の位置をプロットしたものと、カシミール3D+スーパー地形セットで書き出した微地形図をGoogle Earthで表示してみました。

旧市街の平地の中でも比較的標高の高い場所に位置しているのがわかります。
由比ヶ浜通りが全体として標高の高い尾根筋に当たるようにも見えますね。
地形的と古墳の位置に関連性があるような気がしてなりません。

こうなると他の向原古墳群の位置を詳しく調べてみたくなります。(今後追いかけてみたいですね)

鎌倉石棺研究1

2016/06/07

フリペ「海の近く」の表紙のサンドイッチを食べる会に参加してきた

IMG_4620

かまくら駅前蔵書室の「フリーマガジン『海の近く』の話をきいて6月号の表紙のサンドイッチをたべる会」に参加してきました。

海の近く』は最近創刊したばかりのステキなフリーペーパー。
その編集室の方を招いて、創刊の経緯・ご苦労を聞くという(個人的に)興味のあるイベントでした。
(お話を聞いていたら、昔よく読んでいたブログの方と、大磯市・ボクサケなどを企画なさった方々でした。ちょっとビックリ。)
ステキなフリペを作る方は、その方自身もステキな方なのだなぁ。納得。

そして、6月号表紙を飾ったmbs46.7のサンドイッチを頂くことに!

IMG_4616

…圧巻ですよ。

なにがうれしいって、店主の方がサンドイッチの説明をイラストでつけてくれたこと。

IMG_4612
IMG_4609
IMG_4610

食べるときのイメージがより湧きましたもの。ドライトマトと焼きトマトの違いなんて、自分では気がつかないからねw

あまりのおいしさにすべて完食。最初見たときは食べきれないと、思ったのに…

海の近く編集部の方、mbs46.7、かまくら駅前蔵書室に感謝。
とても素敵な会でした。

2016/06/01

Exhibition覚書'16/06

6月以降のものを備忘録的に。(最終更新6.26)

(更新記録6.01,05、12、23、26)

○見学必須
◎見学済

開催中、終了済は終了日順。開催前は開催日順。
'12/12よりジャンル
分類を廃止。タグでカテゴリ分類を実施。(人文、自然、芸術(美術、音楽、演劇、映画、工芸)、トークイベント)

--会期終了--

●06.04[トーク]鎌倉アカデミア創立70周年記念祭
●03.12〜06.05[人文]石材が語る 火山がつくった日本列島千葉県立中央博物館[千葉・京成千葉寺])
●03.12〜06.05[人文]土・石・木・・ 器のかたち―いれものからみる横須賀の歴史―横須賀市自然・人文博物館[横須賀市・横須賀中央])
●04.02〜06.05[人文]君も今日から考古学者! 横浜発掘物語2016横浜市歴史博物館[横浜・センター北])
◎06.05[トーク]海の近くの話を聞いて6月号の表紙のサンドイッチを食べる会かまくら駅前蔵書室
○06.01〜06.15[ブックフェア]鎌倉サブカルチャー(鎌倉市深沢図書館[鎌倉市・湘南深沢])

--会期中--

●04.23〜06.29[建築]竹中工務店400年の夢―時をきざむ建築の文化史(世田谷美術館[東京・用賀])
●03.31〜07.03[建築]ル・コルビュジエ主要建築作品-1(ギャルリー・タイセイ[横浜・伊勢佐木長者町]
●04.02〜07.03[工芸]細密工芸の花 根付けと下げ物たばこと塩の博物館[東京・押上])
●04.16〜07.03[人文]横浜山下公園海辺に刻まれた街の記憶(横浜都市発展記念館[横浜・日本大通])
●03.17〜07.10[文学・人文]磯貝宏國コレクション vol.2「鞍馬天狗ワンダーランド ‐昭和のあそび」(大佛次郎記念館[横浜市・元町・中華街])
◎04.23〜07.10[人文・工芸]ザ・模型 —NYK Model Ships—日本郵船歴史博物館[横浜・馬車道])
●06.18〜07.10[人文・美術]楽しい浮世絵ヒストリー 丹波コレクションの世界横浜市歴史博物館[横浜・センター北])
●04.15〜07.18[人文]ハマの大地を創る-吉田新田から近代都市へ-(横浜開港資料館[横浜・日本大通])
○05.28〜07.18[文学]没後30年 鮎川信夫と『荒地』展神奈川近代文学館[横浜・元町中華街])
●06.03〜07.31[人文]泥亀永島家の面影(神奈川県立金沢文庫[横浜・金沢文庫])
●06.15〜08.01[建築・人文]郷土建築へのまなざしと日本建築協会大阪歴史博物館[大阪・谷町四丁目])
●06.04〜08.07[人文]根岸競馬場開設150周年記念 ハイカラケイバを初めて候(馬の博物館[横浜・根岸])
●06.02〜08.28[人文]文字の博覧会 -旅して集めた“みんぱく”中西コレクション-LIXILギャラリー[東京・京橋])
○06.02〜07.31[ブックフェア]東京てくてくLIXILブックギャラリー[東京・京橋])
○06.25〜08.07[人文・自然]江戸の博物学〜もっと知りたい!自然の不思議〜(静嘉堂美術館[東京・二子玉川])
○06.24〜09.25[建築]土木展21_21 DESIGN[東京・六本木])
●04.12〜10.10[人文]柳田國男と考古学-柳田考古遺物コレクションからわかること-(国立歴史民俗博物館[千葉・佐倉])

--会期前--

●07.01〜07.03[イベント]活版TOKYO2016(神保町三井ビルディング[東京・神保町])
○07.09〜07.12[イベント]路上観察家林丈二と歩く文京 ☀まちの行間を読む☂(文京シビックギャラリー[東京・春日])
●07.12〜09.25[美術]三人の人間国宝による色絵磁器 同時開催 小村雪岱と資生堂書体(資生堂アートハウス[静岡・掛川])
●07.16[トーク]「田園都市線と民俗学~現代に生きる妖怪・風習・民間信仰~」あざみ野カレッジ(横浜市民ギャラリーあざみ野[横浜・あざみ野])
○07.30[トーク]スリバチナイト4~真夏の地形地図覚醒トークバトル(東京カルチャーカルチャー[東京・東京テレポート])
○08.05[トーク]Title版暗渠マニアック!Title[東京・荻窪]
○09.08〜11.26[人文]水屋・水塚 -水防の知恵と住まい-LIXILギャラリー[東京・京橋])
○10.09〜12.25[美術]大田区制70周年記念 (仮称)「川瀬巴水」(大田区立郷土博物館[大田区・西大井])

訪問必須

東海道線旧路。
鎗水
小野路・小山田
ユーシン渓谷
大口暗渠
境川ゴム堰
栄区石橋
三浦半島ジオFW

映画

詳細不明

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »