« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014/10/27

本町交番前の赤レンガ?

まずは写真を御覧ください

Untitled

昨日の建築街歩きツアーの途中で見かけたもの。

この赤レンガはなんですかね?前に足場があるので、解体して現れたものだと思うのですが。

場所はここ。

大きな地図で見る

全く思い出せませんが…なにか古い建物ありましたかね?

RIP 赤瀬川原平さん

11.26、赤瀬川原平さんの訃報をFBにて知る。

ああ、ついにこの日がきたか…いう感じ。
ちょうど、町田と千葉で回顧展を開催しているさなかに…、回顧展が追悼展になるとは。

高校時代、友人にトマソンを教えてもらい、街歩きの楽しさを知った。

以降、桜画報、尾辻克彦、路上観察学会(その面々の多士済々ぶりも)、クラシックカメラ…などなど。赤瀬川さんに教えて頂いたことはたくさんあったと思います。

なによりも事象を取り上げ、概念化して、その概念をもてあそぶ、そのスタイルは自分にとって本当に憧れでした。

ひとりの街歩きの徒として、赤瀬川さんの視点、思考の衣鉢を他所なりとも継いでいきたいと思います。

さようなら、赤瀬川さん。安らかにお眠りください。

2014/10/17

辻まこと「多摩川探検隊」

明日、参加を楽しみにしていたとあるイベント、仕事の都合で参加を断念。非常に悔しい。
(低山ハイク、山頂で山の本を紹介しあう。コーヒーのポットサービスに美味しいお弁当…)
その席で紹介するつもりだった本を、イベントに参加したつもりで紹介してみる。

(レジュメというかメモ書きから起こしたので、乱筆乱文・文体齟齬はご容赦を)

辻まこと「多摩川探検隊」小学館ライブラリー

画家、詩人、エッセイスト、登山家にして伝説の雑誌アルプの常連・辻まことの本。
紀行・随筆集、そのなかの表題にもなった「多摩川探検隊」がとても素晴らしい作品。

学校で配られた地図帳によって、地理学・地図の信徒となった筆者。
蘊蓄を同級生たちに話しても、結局上っ面の知識でしかないことが露呈する。

友人の一言「多摩川の源はどうなっている?」に答えられなかった筆者は、自らと地理学(地図)の権威を守るため、多摩川の源流がどうなっているのかを実証をしなくてはならない羽目になった。

こうして多摩川探検隊は辻まことを筆頭に5人で結成された。
…が、探検当日、集合場所に現れたのは辻まことともう一人だけ。

二人で源流を目指し、艱難辛苦・支離滅裂・腹凹足棒の冒険が始まるが…、
結果(当然とは言え)源流は見つけられず、3日かかった道を電車で2時間で帰宅することに。

こっぴどく親に怒られ、第二次探検隊は結成されずに終わるが、辻まことはその先に広がる山々に魅せられて…

といった掌篇。これがとても好きなのです。

子供の頃の冒険心と地図の面白さ。そして山々への憧憬などが、辻まことの美しい文章で描かれると、それだけでいい気分にさせてくれます。

ああ、イベントではみなさんどんな本を紹介するのだろう…嗚呼…

2014/10/10

Someday Somewhere, *141010

おっと!

ふと空を見上げる。
仕事への小さな反抗というか、極小的SAVORIというか。なんというか。

左幻日、内暈。幻日環もあるよね?加えて外暈も見えるような…気のせい?

詳しくはこちらを

続きを読む "Someday Somewhere, *141010" »

2014/10/01

Exhibition覚書'14/10

10月以降のものを備忘録的に。(最終更新10.22)

(更新記録10.1、6、13、22)

(開催中止・変更となっている可能性が考えられます。各イベントの開催状況についてはスペースへ直接ご確認下さい)
(リンク切れになっている可能性があります)

○見学必須
◎見学済
開催中、終了済は終了日順。開催前は開催日順。
'12/12よりジャンル
分類を廃止。タグでカテゴリ分類を実施

--会期終了--

◎07.19〜10.06[歴史]特別展 遊行寺とおぐり 東海道の古刹と伝説(遊行寺宝物館[藤沢市・藤沢])
○09.01〜10.08[郵趣]神奈川の風景印 横浜特集(海老名市立図書館[海老名市・海老名])
○10.11[シンポジウム・横浜]富岡製糸場と横浜の原三渓(横浜美術館[横浜市・みなとみらい])*PDF
●09.09〜10.19[日本画]鏑木清方と江戸の風情(千葉市美術館[千葉市・千葉])
●10.19[イベント]第7回 terra!terra!terra!@浄智寺(鎌倉)
●08.30〜10.21[日本画]手元で味わう 清方の芸術 -卓上芸術と秋の風情-(鏑木清方記念館[鎌倉市・鎌倉])

--会期中--

●08.01〜11.03[アート]ヨコハマトリエンナーレ2014(横浜美術館他[横浜])
◎09.03〜11.09[観光]ディスカバー、ディスカバー・ジャパン 「遠く」へ行きたい(東京ステーションギャラリー[東京・東京駅])
●10.11〜11.16[信仰・歴史]白絵 -祈りと寿ぎのかたち-神奈川県立歴史博物館[横浜市・馬車道])
●09.04〜11.24[建築]建築の皮膚と体温-イタリアモダンデザインの父、ジオ・ポンティの世界-(LIXILギャラリー[東京・京橋])
●10.04〜11.24[港湾史・横浜市]日本の海の玄関 大さん橋物語(横浜みなと博物館[横浜市・桜木町])
○10.11〜11.24[企画展・民俗]大おにぎり展ー出土資料からみた穀物の歴史(横浜市歴史博物館[横浜市・センター北])
○10.04〜11.25[アート]鬼才の画人 谷中安規町田市立国際版画美術館[東京・町田])
○10.01〜11.30[建築]加地邸をひらく-継承をめざして(加地邸[葉山町])*土日祝日のみ
○10.04〜12.07[短歌]生誕100年 生き放題、死に放題 山崎方代の歌(鎌倉文学館[鎌倉市・由比ヶ浜])
○10.18〜12.21[文学・芸術]尾辻克彦×赤瀬川原平-文学と美術の多面体-町田市民文学館[町田市・町田])
●09.20〜12.23[写真] 「昭和」  写真家が捉えた時代の一瞬あーすぷらざ[横浜市・本郷台])
●09.27〜01.12[アニメ・東欧]東欧アニメをめぐる旅 ポーランド・チェコ・クロアチア神奈川県立近代美術館葉山[葉山町])
○10.11〜01.12[都市・団地]あこがれの「団地」横浜都市発展記念館[横浜・日本大通])

--会期前--

○10.25[フィールドワーク・地理] 東京スリバチ学会市川フィールドワーク*
○10.25〜11.05[図書館]ファンタスティックライブラリー(鎌倉市図書館各所)
○10.28〜12.23[芸術]赤瀬川原平の芸術原論 1960年代から現在まで(千葉市美術館[千葉市・千葉])
○11.15[地理]地図倶楽部ナイト東京カルチャーカルチャー[東京・青海])
●11.21〜11.22[イベント・CM]世界のCMフェスティバル2014 in TOKYO 〜さよなら新宿ミラノ1〜(新宿ミラノ座[東京・新宿])cf.* →翌日鎌倉検定のため断念

○11.23[地域検定]鎌倉検定一級

近日来訪必須

渋沢資料館
七曲井(狭山市)
小野路

映画

08.30〜「NO」
11.22〜「白夜のタンゴ
リスボンに誘われて

詳細不明

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »