« 手ぬぐい | トップページ | [写真展]4/1鈴木知子 写真展 「native of Yokohama」と人とのつながり »

2012/04/04

[企画展]4/1籾山艦船模型製作所の世界 — 幻のモデルメーカーが残した商船模型

展覧会名:籾山艦船模型製作所の世界 — 幻のモデルメーカーが残した商船模型(LINK
場所:日本郵船歴史博物館[横浜・馬車道]
会期:12/4〜4/1
入場料:¥400(常設展込み、氷川丸との共通入場券は¥500)
見学日:4/1(いつものように最終日w)
図録:なし

本来は造船所が船主へ、船のイメージを具体的に伝えるために造ったビルダーズモデルが発祥。そのうち広報や宣伝目的に船主自ら作成を発注するようになったものが、今回の展示品(オーナーズモデル)である。

それにしても美しい。ただの模型ではなく美術工芸品のように見えてしまうほどの出来。今はそこまでの細かい物は造られなく(造れなく?)なっているそうで、残念(船の建造数と製作コストを考えるとペイしないのかもな)。

今回展示されていないもので現存している籾山艦船模型製作所製の紹介もあって、交通博物館からの流れで鉄道博物館にもいくつか模型が有る模様(ただし未公開)。中には稚内〜樺太連絡船(亜庭連絡船)なんてものも!そうか、そういう航路もあったのね…

見学者は艦船オタ、模型オタっぽいのばっかり。一部ミリオタ(図上演習用の模型をガン見していた)がいたぐらい。自分みたいなのは…少なかった様に感じたかな。

一部は常設展でも展示されているので是非ご覧あれ。その美しさに惚れてしまうよ。

| 猫綱 | | Lifelog2012Exhibition感想 | Comment (0)

« 手ぬぐい | トップページ | [写真展]4/1鈴木知子 写真展 「native of Yokohama」と人とのつながり »

コメント

コメントを書く

(Not displayed with comment.)

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 手ぬぐい | トップページ | [写真展]4/1鈴木知子 写真展 「native of Yokohama」と人とのつながり »

Copyright ©2006-2020 猫綱(Nekotuna) All rights reserved.