« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012/02/28

exhibition覚書'12/03

3月以降のものを備忘録的に。
(最終更新3/27)(更新記録2/28、3/2,5,9,17,27)

(開催中止・変更となっている可能性が考えられます。各イベントの開催状況についてはスペースへ直接ご確認下さい)
(リンク切れになっている可能性があります)

○必須(見学する予定)
◎見学済(感想は☞から)。
開催中、終了済は終了日順。開催前は開催日順。

アート・デザイン・写真

●12/4〜3/25、重森三玲北斗七星の庭展(ワタリウム美術館[東京・外苑前])
●12/23〜3/25、陶酔のパリ・モンマルトル 1880-1910 -「シャ・ノワール(黒猫)」をめぐるキャバレー文化と芸術家たち-(群馬県立近代美術館[群馬・倉賀野])
1/21〜3/25、生誕100年藤牧義夫展(神奈川県立近代美術館鎌倉館[鎌倉])
●3/2〜3/27、ロトチェンコ -彗星のごとく、ロシア・アヴァンギャルドの寵児-(ギンザ・グラフィック・ギャラリー[東京・銀座駅])

○12/4〜4/1、籾山艦船模型製作所の世界(日本郵船歴史博物館[横浜・馬車道])
●3/6〜5/6、フェリーチェ・ベアトの東洋東京都写真美術館[東京・恵比寿])
○3/6〜5/6、幻のモダニスト 写真家堀野正雄の世界東京都写真美術館[東京・恵比寿])
○3/24〜5/13、生誕100年記念写真展 ロベール・ドアノー東京都写真美術館[東京・恵比寿])

○3/31〜4/3、鈴木知子(@suzucamera)写真展「native of Yokohama」(山手111番館[横浜・元町中華街])cf.
●4/4〜6/10、シャルロット・ペリアンと日本目黒区美術館[東京・目黒駅])

歴史・民俗・都市・自然系

●2/11〜3/18、伯爵家のまちづくり ―学者町・西片の誕生―文京ふるさと歴史館[東京・本郷三丁目・春日])
●1/21〜3/20、火の神・生命の神-古代のカマド信仰をさぐる横浜市歴史博物館[横浜・センター南駅])
◎1/14〜3/25、今和次郎展(パナソニック電工汐留ミュージアム[東京・東新橋])

1/28〜4/1、横浜にチンチン電車が走った時代 ~まちの主役! 路面電車横浜都市発展記念館[横浜・日本大通])
●2/9〜4/8、鎌倉めぐり(神奈川県立金沢文庫[横浜・金沢文庫駅])
○2/11〜4/8、都市から郊外へ 1930年代の東京世田谷文学館[東京・芦花公園])
●2/1〜4/15、下岡蓮杖開業150周年 フォトスタジオの聖地・横浜 - 1860's~1960's -(横浜開港資料館[横浜・日本大通])
○2/11〜4/18、企画展「横浜港と生糸貿易」(横浜みなと博物館[横浜・みなとみらい])
●2/21〜5/6、ザ・タワー~都市と塔のものがたり(江戸東京博物館[東京・両国駅])

○4/21〜6/27、ヨコハマ・ヨコスカ ストーリー -二つの港町の戦後文化-(神奈川県立歴史博物館[横浜・馬車道])

映画

○3/24〜4/6ほかいびと 伊那の井月(ポレポレ東中野[東京・東中野駅])

その他(フェス・イベント・コンサート・舞台・祭・講演会・TVなど)

◎3/22〜3/24、platform 001 “FUTURE ARCHIVE”(東京・立石))(24日のトークイベントと、かつしかけいたさんの展示に行く予定)
◎3/23、講演会コミュニティデザイン 人がつながるしくみをつくるKAAT[横浜・日本大通り駅])(19:00~21:00(開場:18:30)入場無料)
●3/24、東京スリバチ学会四ツ谷フィールドワーク
○3/24〜3/25、氷川丸船上オープンデッキ特別解放日本郵船氷川丸[横浜・元町・中華街])

○4/28、東京スリバチ学会フィールドワーク
○5/25、東京スリバチ学会フィールドワーク
○5/27、第七回鎌人いち場(鎌倉海浜公園由比ヶ浜地区[鎌倉市])
○6/30、東京スリバチ学会フィールドワーク

毎月開催

●(毎月第三土曜日)夜のフリーマーケットドッキリヤミ市場(六角橋)→HP
●(毎月第三日曜8:00〜14:30)大磯市・古本波止場 →HP
●(毎月最終日曜日)月イチ朝イチ(藤沢・辻堂)→HP

2012/02/17

[企画展]横浜を代表するモダニズム建築『インペリアルビル』歴史と再生展(インペリアルビル)

展覧会名:横浜を代表するモダニズム建築『インペリアルビル』歴史と再生展
場所: インペリアルビル(@横浜・日本大通)
会期:2/6〜2/12
入場料:無料
見学日:2/12
図録:なし

残念ながら期待外れ。内部も見られると思ったのだけど…

[企画展]2/12、横浜にチンチン電車が走った時代展(横浜都市発展記念館)

展覧会名:『横浜にチンチン電車が走った時代』
場所: 横浜都市発展記念館(@横浜・日本大通)
会期:1/28〜4/1
入場料:¥300
見学日:2/12
図録:あり。次回購入予定。

横浜の交通機関として、その街の興成を支えた路面電車の企画展。

古い写真や資料に目を白黒。そのすべてを目に焼き付けたとは言いがたいかも(笑)
近いうちに再訪予定。図録と方向幕手ぬぐいを入手しなくては…(笑)

(更新予定)

[企画展]2/12、森井荷十コレクション展(練馬区立美術館)

展覧会名:森井荷十コレクション展
場所: 練馬区立美術館(@練馬区・中村橋駅)
会期:1/8〜2/14
入場料:無料
見学日:2/12
図録:なし。リーフレットのみ入手。

川柳作家であり、サラリーマンでもあった森井荷十(1885~1948)が昭和初期に蒐集した、日本画の掛け軸、版画など小品約100点の展示。

一番の目当ては小林清親、井上安治。そして新版画集団のメンバーの木版画。(版画好き)
井上安治のそれは、見た瞬間に涙が出てくるほど美しかった。とある漫画で杉浦日向子が形容したように、『窓』。まさに『窓』。江戸の風情が残る東京の風景は、無論我々が見ることが出来ないように、森井荷十自身もみていないものの筈。どのような視点で眺めていたのか、気になった。サラリーマンといっても、我々の時代のサラリーマンと違い、森井は新興の都市生活者。どのようなノスタルジーを感じていたのかな。

鏑木清方の『朧駕籠』も美しかった。

ミニコーナー(無料だもの)だから正味30分ほどの見学でも十分。とはいえ、もう少し木版画を眺めていたかった…

美術館のある中村橋の街も散歩してみたい。いかにも東京西郊の街並み。

2012/02/05

久しぶりの東京散歩

久しぶりに東京散歩を楽しみました。
お仲間はTwitterで知り合った散歩クラスタの方々。
日本橋川・神田川をクルーズして楽しみ。駒形どぜうでランチ。浅草寺界隈を散歩後、浅草寺脇の飲み屋街で『軽く』一杯をというコース。
本当に楽しい時間を過ごせました。いい仲間に感謝。(次回もあるでよw)

写真はiPhoneだけなので、ちょっときつかった。散歩用のコンデジを考えなくてはいけませんね…

写真はおいおいアップしていこうと思っています。とりあえず今回はこれだけを。

あと『横浜原理主義者』を標榜する自分が多摩川を越えたツイートしたら、様々なひとから反応がありました(笑)。
『原理主義者』としては、ある意味嬉しいような…(笑)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »