« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011/03/26

exhibition覚書'11/04

4月以降のものを備忘録的に。
(最終更新4/29)(更新記録3/26,4/1,2,5,6,8,14,17,19,20,22)

(東日本大震災の影響により開催中止・変更となっている可能性が考えられます。各イベントの開催状況についてはスペースへ直接ご確認下さい)

○必須(見学する予定)
◎見学済(感想は☞から)。
開催中、終了済は終了日順。開催前は開催日順。

アート・デザイン・写真

12/4〜4/3、船→建築 ル・コルビュジエが目指したもの(日本郵船歴史博物館、横浜)
●1/5〜4/13、広重の「名所江戸百景」と狩野派模写絵画(千秋文庫[東京・九段])

2/1〜5/8、店頭デザイン大解剖展(印刷博物館P&Pギャラリー[東京・飯田橋])
3/8〜5/8、芸術写真の精華 日本のピクトリアリズム 珠玉の名品展(東京都写真美術館[東京・恵比寿])
●3/19〜5/8、白洲正子 神と仏、自然への祈り(世田谷美術館[世田谷・砧公園])
3/19〜5/8、江戸の人物画 姿の美、力、奇(府中市美術館[府中市])
4/10〜5/8、ジャケ買いのビガク 誘惑するジャケットデザイン(世田谷文化生活情報センター生活工房[東京・三軒茶屋])
○4/23〜5/8、犬猫時間4(逗子市逗子5-5-40[逗子])←私的癒景の@makudekoさんの写真展(葉山芸術祭参加)
2/10〜5/22、包む―日本の伝統パッケージ展(目黒区美術館[目黒区・中目黒])(当初4/3までの予定が延長に)
3/19〜5/22、禅僧の書画(永青文庫[東京・目白])
4/7〜5/29、香り かぐわしき名宝展(東京藝術大学大学美術館[東京・上野])
4/16〜6/26、世界中で愛されるリンドグレーンの絵本(世田谷文学館[東京・芦花公園])
○4/23〜6/26、堀内誠一 旅と絵本とデザインと(うらわ美術館[さいたま市・浦和])
4/29〜6/26、生誕120年記念 長谷川潔展(横浜美術館[横浜・みなとみらい])
3/31〜7/3、ガラスの中の山と山男 畦地梅太郎・ガラス絵展(あとりえ・う[東京・鶴川])
4/16〜7/3、森と芸術(東京都庭園美術館[東京・目黒])
4/16〜7/10、視覚の実験室モホイ=ナジ/イン・モーション(神奈川県立近代美術館葉山館[葉山町])

○7/9〜8/31、ブラティスラヴァ世界絵本原画展―世界の絵本がやってきた(うらわ美術館[さいたま市・浦和])
9/11〜11/19、愉快な家-西村伊作の建築 - Houses for Comfort(INAXギャラリー1[東京・銀座])
●9/17〜10/10、安野光雅の絵本展(そごう美術館[横浜])
●9/23〜12/24、トゥールーズ=ロートレック モーリス・ジョワイヤン・コレクション展(三菱一号館美術館[東京・丸の内])
10/6〜10/31、アール・デコの館―東京都庭園美術館建物公開― (東京都庭園美術館[東京・白金台])
●11/23〜1/22、[仮題]アートをめぐる本、本をめぐるアート―北九州市立美術館とうらわ美術館のコレクション(うらわ美術館[さいたま市・浦和])

歴史・民俗・都市・自然系

●2/19〜4/10、横浜港を結ぶ交通—渡し船から臨港鉄道ができるまで—、(横浜みなと博物館

3/3〜5/21、にっぽんの客船 タイムトリップ 展(INAXギャラリー1[東京・銀座])
3/10〜5/29、もうひとつの鎌倉文化-金沢龍華寺の聖教と秘宝-(神奈川県立金沢文庫[横浜・金沢文庫])
:4/9〜5/29、大昔のムラを掘る―三殿台遺跡発掘50年(横浜歴史博物館[横浜・都筑])
:4/16〜6/26、昭和の東海道「六大都市」をめぐる(横浜都市発展記念館[横浜・海岸通])
○4/27〜7/24、開館30周年記念 Part1 たまくすが見た157年−ペリー来航から横浜開港資料館まで−(横浜開港資料館

○6/11〜7/10、寺社参詣・物見遊山―横浜・神奈川の名所(などころ)(横浜歴史博物館[横浜・都筑])
○7/23〜9/11、風景を持ち帰る、風景を伝える、絵葉書あれこれ(横浜歴史博物館[横浜・都筑])
○7/27〜10/23、広瀬始親写真展 横浜ノスタルジア♯2(仮称)(横浜開港資料館

映画

○3/12〜4/8、落語物語東劇[東京・築地])

その他(イベント・コンサート・舞台・祭・講演会など)

4/3、石川初×大竹昭子×都築響一トークショー「東京をフィールドワークする」(東京・青山ブックセンター本店)
●4/8、Trio Libertad 10th anniversary Special Live(横浜みなとみらいホール
4/11、Pray from 鎌倉(鎌倉・鶴岡八幡宮)
○4/16、トークイベント 多様な視点から見る『都市』都市環展2011(千葉大学西千葉キャンパス自然科学2号棟2階 マルチメディア講義室[千葉・西千葉])
●4/16〜4/17、ヨコハマ大道芸(横浜各地)
●4/23、東京スリバチ学会フィールドワーク・駒場・池尻・三軒茶屋のスリバチ
○4/23、石川初・渡辺英徳・大山顕 マッピングナイト2(東京カルチャーカルチャー[東京・お台場])
●4/23〜4/24、Earthday Tokyo 2011(代々木公園・渋谷・原宿・表参道ほか)
●4/23〜4/24、野毛大道芸

●4/23〜5/1、第6回鎌倉路地フェスタ
●4/23〜5/8、不忍ブックストリート week 2011(東京・不忍)
●4/23〜5/15、第16回葉山芸術祭

●4/28〜5/5、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン(東京国際フォーラムロビー
●4/30、不忍ブックストリート 第12回 一箱古本市(東京・不忍)
●5/3、不忍ブックストリート 第12回 一箱古本市(東京・不忍)
●5/7、1周年記念!みちくさ学会presentsみちくさ学会の発表会(東京カルチャーカルチャー[東京・お台場])
●5/8、第10回みちくさ市(東京・雑司が谷)
●5/28、東京スリバチ学会フィールドワーク・特別編(下末吉か田端スペシャル)
6/12、地図地理検定
●6/25、東京スリバチ学会フィールドワーク・赤羽(『すりばちの底にあるというボタン』スペシャル)
●8/6〜11/6、横浜トリエンナーレ2011(横浜美術館、日本郵船海岸通倉庫周辺)→HP

毎月開催

●(毎月第三日曜8:00〜14:30)大磯市・古本波止場 →HP
●(毎月最終日曜日)月イチ朝イチ(藤沢・辻堂)→HP

続きを読む "exhibition覚書'11/04" »

2011/03/04

[企画展]「近代日本画にみる女性の美-鏑木清方と東西の美人画-」展

展覧会名:近代日本画にみる女性の美-鏑木清方と東西の美人画-→HP
場所:そごう美術館(横浜そごう内)
期間:2/24〜3/21
入場料:¥1000
見学日:3/4

外回りの合間に鑑賞。
福富太郎(キャバレー経営者)の日本画(美人画)コレクションの展示。
特に鏑木清方のコレクターとして有名である。
清方ファンの猫綱としては押っ取り刀で駆けつけた感じかな(笑)

鏑木清方の作品は思ったよりも少なく残念。
それでも美しくて儚げな女性を描くのは鏑木清方に限ると改めて感じた。

鏑木清方の帝展出品作『妖魚』の実物も拝見。
いろいろ賛否があった作品と言うことを知っているだけに、じっくりと眺めたけれど…
清方らしくはないけれど、迫力はある作品かな。
雑誌や書籍で見ていたのと違って、その大きさと絵に圧倒されました。

ほかに気になった作品を幾つか。

北野恒富の鷺娘。これが実に儚げで素敵。
島成園の一連の作品。妙に引っかかる作品。
甲斐庄楠音の作品(一点のみ)たしか映画美術で活躍した人(の筈)。何で見聞きしたかは記憶にあらず。要研究。
清方の師匠筋になる水野年方の作品はあまり引っかからなかった。

図録は値段の割にイマイチなので購入せず。(百貨店系のはあまり…)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »