« 春遠く、小川は流れる | トップページ | 横浜グランドキャニオン - 第一章 »

2010/02/04

横浜市公田の富士塚

富士塚といっても富士山状の盛土はありません。ただの石碑のみ。
横浜市栄区公田の富士塚です。

住宅地脇の山へ繋がる階段を上がり、山道を数分歩いた所にありました。


正面:南無仙元大菩薩。富士山に正対しています。


裏面:流麗な文字で判読できず。しかも撮影がへたくそ過ぎ。文字を撮影するなら正対しないとダメですね、反省。かろうじて、最初の『富士...』と最後の行『万延元』だけは読める。


遠望:大船観音と富士山もわずかに見える

石碑の『万延元』からすると、この石碑が出来たのはおそらく1860年。
桜田門外の変があった年(正確には安政時代の出来事。改元されて万延に)
その頃から、ここにあったのかと思うと感慨深い物がありますな。

追記。調べてみたら万延元年は庚申の年。『万延元』のあとには『庚申』と書いてあるみたいです。

より大きな地図で 神奈川東部の富士塚地図 を表示

| 猫綱 | | Fieldwork | Comment (1)

« 春遠く、小川は流れる | トップページ | 横浜グランドキャニオン - 第一章 »

コメント

本日この塚周辺の雑草を刈ってきました。秋になりましたら、富士山が見えるように正面の雑木林も整理したいと考えています。近くに住んでいるものですから、可能な限りこの塚を守っていきたいと思っています。

●Posted by: | 2015/08/15 21:26

コメントを書く

(Not displayed with comment.)



« 春遠く、小川は流れる | トップページ | 横浜グランドキャニオン - 第一章 »

Copyright ©2006-2017 猫綱(Nekotuna) All rights reserved.