« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007/07/30

矢川の自然

いろいろな自然に出会えました。

魚。オイカワあたりですかね。矢川。
D0088937_11494020 メダカ? 矢川。
D0088937_11495942 アオスジアゲハ?きれいでした。ママ下湧水。
D0088937_11505646 ハグロトンボだと思います。ママ下湧水。
D0088937_11511079 用水路で子供たちが雑魚撮りしていたのを見せてもらいました。
タモロコともう一種類です。
D0088937_11512457 ミクリでしょうか。矢川合流直後の府中用水。
D0088937_11513620

2007/07/27

ママ下湧水 再訪

今回最大の目的であったママ下湧水の再訪です。
今回は水量も豊富でなかなか見応えありました。

最大量の湧出口、崖の際からこんこんとわき出しています。
D0088937_0273735 前回水田は存在しないと書きましたが、ありました。
D0088937_0312637 上流側
D0088937_0314488 いい眺めでした。
手を水につけてみましたが、長時間はつけていられない程度の冷たさでした。
温度計あったら、計測してみても良かったかもしれませんね。

説明板。ワサビ田もあったとは…
D0088937_0353854

2007/07/25

矢川上流部・矢川弁財天

矢川弁財天付近で矢川の流れがわからなくなりますが、弁財天の裏にはまだ矢川らしきものがあります。
これは前回の写真。みのわ通りから写しています。
D0088937_23123392 箕輪通りに向かって写した写真。何となく水はきれいそうです。そして矢川緑地側へトンネルがあるのがわかります。
D0088937_23165171 地下水路の下をのぞいてみました。何となく水路が続いているように見えます。
D0088937_23134691 この道路の下を暗渠になって矢川は続いているような気がします。
d0088937_23232024 この先は古い地図からでも判断するしかないのですが…

矢川緑地再訪

5月に出かけた矢川を再訪しました。
当時よりも情報、条件、カメラなどしっかりマスターしての再訪です。

前回涸れ川だった所も矢川本体から水を引いて、池になっていました。わずかながら湧水もありました。
D0088937_2322888 もう一カ所の湧水は残念ながら今回も涸れていました。
D0088937_2332168 このシリーズ続きます。

2007/07/21

ヒグラシ

今日、自宅付近でヒグラシの鳴き声を確認。
家族によれば、2,3日前から鳴いていたみたいだが、
自分で確認したのは今日。
毎年、こういった物を記録つけていきたいと思いながらもなかなかできないでいますが、
ブログなら気軽にできるかもしれませんね。
まあ、自分なりのペースでやっていきます。

アブラゼミも確認しました。

横浜市電写真展

前のエントリで書いた写真展行ってきました。
もともと広いスペースではないので、あまり期待はしていなかったのですが、
その写真に写る風景は、今の横浜からは想像もできないほどひなびた風景でした。

2007/07/11

黒猪(くろっちょ)2

今日は雨がちな天気でした。しかも南風が強かったです。
こういう日は黒猪(くろっちょ)が現れます。
D0088937_2324968 稜線から左上に向かっている雲が、鎌倉アルプスにぶつかって発生した雲です。
D0088937_23253831 稜線際にある小さくて黒い雲、これが黒猪です。
D0088937_2326188 観察している間はこの程度の小さなものしかありませんでした。
もう少し大きな雲が見られることもあるのですが…
この雲が現れると梅雨明けも間近です。夏はすぐそこまで来ています。

長寿の看板猫「カーさん」“大往生”

長寿の看板猫「カーさん」“大往生” -- カナロコ

一部では有名だったこの猫。往生です。
ブログ掲載も考えていたのですが残念。
今日、横浜馬車道まで行ったのに、寄ってくれば良かった…
ご冥福お祈りいたします。

追記
makudecoさんのブログ 私的癒景 にてカーさんの往生前日の姿がカメラにおさめられています。

2007/07/04

Colorful

D0088937_0585011

自宅近くの紫陽花、いい感じでした。
出勤前に急いで撮ったので、構図はイマイチです。
GX100は素直な色遣いみたいなので、iPhotoで少し色をのせてみました。

…せめて心の中はモノトーンにしないように気をつけないとね

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »